お直しガイド

※お直しをした商品や付属品のスベリ止めを付けた商品につきましては、返品をお受けできかねますので、あらかじめご了承ください。

お裾直し

股下サイズの測り方

お裾直しをご希望の場合は、股下の長さをご指定ください。

  1. 1.スラックスの片足をまくり上げて、付け根の部分にメジャーの端を当てます。
  2. 2.そのまま縫い目に沿って真っ直ぐ裾までを採寸してください。

裾仕上げの種類

「シングル」「ダブル3.0p」「ダブル3.5p」「ダブル4.0p」「ダブル4.5p」「ダブル5.0p」のいずれかをお選び下さい。

シングル
一般的な仕上げで足元をすっきり見せてくれます。フォーマルの場合は、シングル仕上げが正式ですので、こちらをお勧めいたします。
ダブル
裾の折り返しにより、裾口に適度な重みを持たせる事ができるので、パンツのシルエットやクリースを綺麗に見せます。折り返しの幅は下記よりお選びください。3.0cm/3.5cm/4.0cm/4.5cm/5.0cmの3種類からお選び頂けます。※標準は3.5cm幅になります。
生地の不足により、ご指定の寸法に加工できない事があります。

PAGE TOP

ウェスト直し

ウエストの詰め・出しともに4cmまでのお直しを承っております。なお、5cm以上の詰めに関しましては、別途 お問い合わせくださいませ。

PAGE TOP

スベリ止め

ウエストの内側5箇所に、シリコン製のスベリ止めを付けます。シャツのズレ上がりを少なくします。

PAGE TOP

裾上げテープ

用意するもの:アイロン・ハサミ・アイロン台

1.パンツの長さを計ります。股下寸法+8cm〜10cmを残して		
余分な生地をカットします。
2.パンツを裏返しにします。8cm〜10cm残した部分を内側に折り曲げアイロンを掛けます。
3.テープをカットします。テ−プを半分にカットます。テープを半分にカットします。■アイロンのスチーム機能で行う場合⇒テープはそのままでも問題ございません。■アイロンのドライ機能で行う場合⇒テープを水につけ、しっかり絞ります。
4.テープをセットします。縫い線をどうしとクリースどうし合わせます。		テープの接着面を生地に当てます。
5.アイロンで接着。アイロンは上から押し当てて接着しましょう。※アイロンの温度設定には注意しましょう。

PAGE TOP

CLOSE