注目キーワード
  1. 結婚式
  2. 就活
  3. オーダー
  4. 店舗

成人式をオーダースーツで出席すべき3つの理由とオーダスーツの基本情報

目次

成人式をオーダースーツで出席すべき3つの理由とオーダスーツの基本情報

成人式は大人になったことを自覚し、人生の新しい一歩を踏み出す行事です。新成人の皆さんはスーツや晴れ着を着て懐かしい仲間と久しぶりに会うイベントとして、心待ちにされている方も多いのではないでしょうか。

成人式の参加にあたり、スーツセレクトはメンズのオーダースーツの仕立てをおすすめしています。本ページでは成人式の正装としてオーダースーツをおすすめする理由と、オーダスーツの基本情報について解説し、最後にスーツセレクトのオーダースーツについて、ご紹介します。


成人式にはオーダースーツで出席してほしい3つの理由

成人式にはカジュアルなセットアップやノーネクタイで参加する人もいますが、人生に一度の大切な式典にはビシッと決まったスーツで出席したいものです。記念すべき行事である成人式で着るスーツは以下の3つの理由からオーダースーツをおすすめします。

1:「スーツを仕立てる」体験を

既製のスーツと違いオーダースーツは、テーラーのスタイリストと相談しながらサイズ、生地、オプションなどを決めていきます。スーツの本場イギリスではオーダースーツをBESPOKE(ビスポーク)スーツといい、「話しながら決める」というニュアンスがあります。あなただけの装いをつくりあげるプロセスをぜひ体感してみましょう!

2:ピッタリのサイズ感で理想の姿に

体にピッタリとフィットするように仕立てられたスーツを着こなすと、男性の自尊心を高め、自信を与えてくれます。しかしジャストサイズの着心地は案外わかりにくいもの。楽な着心地だからといって、オーバーサイズのジャケットを選ぶと「スーツに着られている」ように見えがちで、あまりおすすめできません。初めてのオーダーメイドのスーツで着丈、袖丈はもちろん肩の収まり具合、胸や首筋までビシッと決まった着心地を体験していただきたいです。

3:生地やオプションからこだわりの自分を

オーダースーツの魅力は、フィット感に加えて、生地やデザイン、裏地やボタンの種類、ポケットの形など細部において数多くのオプションの選択ができることです。教科書通りだけではないスーツスタイルを目指して、ご自身の理想のスタイルを追求することができます。



成人式でオーダースーツを作るにあたって知っておきたいこと

オーダースーツの種類

フルオーダー

最も手間がかかるオーダー方法がフルオーダーです。注文を受けてからオリジナルの型紙を起こすので、自由度が高く、完全にフィットする一着が作ることがます。

オーダースーツの製作には採寸、裁断、仮縫い、縫製などがあります。それぞれを手作業で丁寧に行うため、職人には高い技術力が要求されます。その分、完成までに時間がかかり、高価になりますが、時間とお金をかけてでも「究極の一着」を作りたい人には最適です。

パターンオーダー

パターンオーダーはほとんど既製品を選ぶ感覚で気軽に仕立てることができます。用意されたゲージ服の中から自分の体型に合うサイズを選び、袖丈、着丈、ウエストなどの細かい部分を調整して仕上げます。

型紙を用いて工場で大量生産するため、価格が安く仕上がりが早いのが特徴です。既成品と同じ型紙をベースにするため、寸法調整の範囲は限られていますが、多くの方はパターンオーダーで十分に満足できるフィット感を味わうことができます。

イージーオーダー

フルオーダーとパターンオーダーの中間が、イージーオーダーです。体型にあわせて型紙を修正しながら仕立てます。価格もフルオーダーとパターンオーダーくらいで、各自の体型に合ったスーツを仕立てられるのがメリットです。

オーダースーツ注文の流れ

オーダースーツの注文にはいくつかの段階があります。ここではスーツセレクトのパターンオーダーを例にスーツが出来上がるまでの流れをご紹介します。

来店

予約制の店舗もありますが、スーツセレクトでは予約無しで訪れてもオーダースーツの注文ができます。札幌、仙台、東京、名古屋、京都、大阪、広島、福岡などの主要都市を始めとして全国に190店舗あり、どの店舗もオーダースーツに対応していますので、お近くのスーツセレクト店舗に行ってみましょう。

また、スーツセレクトでは「トク予約」というサービスもあります。LINEを使った来店予約をすることで、オーダースーツをはじめとしたすべてのアイテムが5%OFFになります。オトクなだけでなく、経験豊富なスタッフが対応したり、来店時にお待たせすることもないので、安心してお買い物をすることができます。

※スーツセレクト店舗一覧はこちらのリンクを参考にしてください。

https://www.suit-select.jp/shoplist/

ヒヤリング

具体的なオーダー内容が決まっていない場合は、事前に雑誌や、WEB記事、SNS(インスタグラム等)で好みをチェックしておくのも良いですね。さらに来店時にどのようなシーンを想定しているのか、好みの色やスタイルなどの要望を伝えましょう。スタイリストに「成人式で着るスーツを作りたい」と率直に伝え、ファッションのカウンセリングを受ける気持ちでオーダーメニューを提案してもらうのも良いでしょう。体型に悩みがあれば、しっかり相談に乗ってもらえますよ。

採寸

採寸はスーツセレクトのAI画像採寸アプリを用いて店内で行います。これまでのオーダースーツは熟練のスタッフが時間をかけて採寸をしていましたが、このアプリを使うとあっという間に、着丈、袖丈、ウエストサイズなどを計測ができます。忙しい方には時間の節約になりますね。アプリは事前にスマホにインストールしていただくとスムーズです。

型紙選び

スーツセレクトのオーダースーツ、「AI SPEED ORDER」では、トレンドや好みに対応できるよう、3種類の型紙(ゲージ)があります。

・SKINNY(スキニー)・・・究極のスリムシルエットが特徴。正直着る人を選ぶ型紙ですが、ご体型に合えば最高にかっこよくスーツを着こなすことができます。タイトフィットで着たい方におすすめの型紙です。

・SLIM TAPERED(スリムテーパード)・・・スリム・シャープ・直線的をキーワードにした「現代的スリムスーツ」です。極薄の肩パットによりナチュラルなショルダーラインとシャープに裾口を絞ったテーパードラインが特徴の、リラックスさとスリムを両立した人気の型紙です。

・BLACK LINE(ブラックライン)・・・スタンダードなタイプの型紙。何を選んでいいのか迷ったらこちらを選べば間違いありません。ほどよいスリムシルエットなので幅広いご体型の方にフィットします。

・CLASSICO TAPERED(クラシコテーパード)・・・洋服好きに最も人気のある型紙。イタリアンクラシックのテイストを取り入れたエレガントなシルエットが特徴です。肩パットを使用しないアンコン仕立てでハンドメイドスーツのような雰囲気があります。パンツはテーパードラインが特徴。ワンタックの適度なゆとりから膝から裾にかけてシャープに絞ることで自然に脚をきれいに見せてくれます。

生地選び

型紙が決まったら、オーダースーツの醍醐味である、楽しい生地選びです。お急ぎの場合は、10種類の厳選生地の中からお選びいただくと、最短10日で納品することができます。これまでのオーダースーツの常識を覆す日数でのスピード納品が可能です。

もちろんエルメネジルド・ゼニアやカノニコといった、インポートブランドの高級生地で仕立てることも可能です。

サイズ微調整

型紙も生地も決まり、あとはお好みに合わせて肩幅、着丈、袖丈、ウエストなどのサイズを細かに補正していきます。推奨する補正値はスマホの画面に表示されています。この際に上着だけでなく、パンツも履いた状態で、腰回り、裾の長さなど上下のバランスをみながらスタイリストと相談しながら決めていきます。

意外に見た目とフィット感の感覚は異なります。満足のいく仕上がりとなるように、気になる箇所は細かく確認しておきましょう。

オプション・ディテール選び

最後にオプションやディテールを選びます。裏地、ボタン、襟周りのステッチ、ポケットなど様々なオプション、ディテールがあるので、わからないことはスタッフに聞きながら進めましょう。

お会計

最後にお会計です。お支払いは現金、クレジットカードの他、各種電子マネーやQRコード決済もお選びいただけます。楽天ポイントやdポイントも対応しています。

完成、お受け取り

10日〜3週間程度の期間でオーダースーツが仕上がります。お会計の時点で、ご自宅で受け取るか、店舗で受け取るかを選べます。ご自宅で受け取る際の送料は無料となります。成人式は開催される日が決まっているので、間に合うように準備しておきましょう。できれば開催日の3週間前までにはオーダーを済ませておくと安心です。

初回のオーダーは再度来店して、念のため試着してスラックスの長さやフィット感などを確認されることをおすすめします。丈や裾などに直しの希望がある場合はその際に伝えましょう。

追加アイテムとしてオーダーシャツもスーツと同時に注文する方も多いです。また、ベルト、チーフ、サスペンダーなどの小物なども同時にそろえておくとトータルコーディネートができます。シューズ(革靴)も忘れずに。寒い時期なのでコートも準備しておきましょう。

2着目以降のオーダースーツを希望する場合は、アプリに基づいてオンラインでの注文が可能です。データはアプリに残しておりますので、アプリを削除しないように気をつけましょう。


成人式オーダースーツのおすすめデザイン、色、生地

ここではオーダースーツの着こなしに重要な、デザイン、色、生地についてご説明します。

おすすめデザイン

2ピース(ツーピース)

ツーピースとは、ジャケットとパンツだけの最もオーソドックスなスーツスタイルです。初めてのスーツで何を選べが良いかわからない場合は、まずは2ピースから選ぶと良いでしょう。

3ピース(スリーピース)

スーツの正式な着こなしでもあるスリーピースのスーツは、ジャケットとパンツに加えて、ベストを合せます。ベストを組み合わせると、スタイリッシュな雰囲気になります。さらにベストを着ると暖かくなるので、スリーピーススーツは秋冬に着られることが多いです。成人式は1月の寒い時期に開催されますのでぴったりです。

ダブルブレスト

ダブルブレストとは、ジャケットの前ボタンが縦2列に並んでいるジャケットを指します。1列のシングルブレストスーツに比べて、大人っぽく個性的なデザインになります。ひと味違ったスタイルを目指したい方はダブルのスーツも検討してみましょう。

おすすめ色

成人式は1度きりですが、その後結婚式スーツやリクルートスーツとしても着回せる色を選ぶと良いでしょう。成人式で着るオーダースーツの色は、スーツの基本色となるネイビー、グレー、ブラウン、ブラックがおすすめです。

ネイビー

ネイビースーツは最もスタンダードなスーツで、様々なシーンで活躍するカラーです。ぜひオーダーして体にフィットする1着を準備しておきましょう。ビシッと決まったスーツは、就活や結婚式など成人式以外の様々な機会で活用すること間違いなしです。シャツやネクタイの組み合わせ方によって色々な演出ができるカラーなので、オーダースーツの1着目としておすすめです。

グレー

グレースーツはネイビースーツに次いでスタンダードなスーツです。明るいトーンのグレーは知性を感じさせ、落ち着いた印象を与えてくれます。チャコールグレーのスーツは大人っぽい雰囲気を演出してくれます。

ブラウン

オシャレ度が高いブラウンスーツは多くの成人式が開催される冬シーズンにふさわしいカラーです。一般的な就活やビジネスシーンには不向きと言われるブラウンのスーツですが、すでに定番のネイビースーツは持っていたり、普段スーツを必要としない場合は思い切ってブラウンを選ぶと成人式での注目度が上がるでしょう。

ブラック

ブラックはフォーマルな色合いとして、クールな印象を与えるスーツです。ビジネスやフォーマルな場でも着ることができます。ただし礼服のブラックとは色合いが異なるので、礼服を成人式で着用したり、逆に成人式用に仕立てたブラックスーツを礼服が必要なシーンで着用するのは避けておきましょう。

おすすめ柄

無地の生地もシンプルで良いですが、上記でご紹介したおすすめ色に柄を加えると、オシャレ度がぐっと上がります。色や柄を選べるのがオーダースーツの醍醐味。ここでは代表的なストライプ柄とチェック柄について解説をします。

ストライプ

柄のなかでも最も代表的なストライプ。とはいっても、ストライプの先の太さや間隔で雰囲気が大きく異なります。線が細く、間隔が狭いストライプはシンプルで落ち着いた印象を与えます。逆に線が太く間隔が広がると華やかな印象を与えてくれます。クラシックな雰囲気を出したい場合は存在感のある太くて間隔の広いストライプ柄を、シックでクールに決めたい場合は細くて間隔の狭いストライプ柄を選んでみましょう。

チェック

チェック柄にはグレンチェック、タータンチェックなど様々な種類があり、カラーとの相性もあります。ストライプ柄と同様、柄をしっかりと主張するとオシャレ感が強くなり、控えめにするとクールな印象となります。チェック柄を主張したい時はライトグレーやライトブラウンとの組み合わせがおすすめです。グレンチェックスーツはクラシックなイメージをお好みの方におすすめです。

おすすめ生地

インポート生地

シルクなどの高級素材を使ったゼニアやカノニコといったイタリア産の生地は光沢があり肌触りがしなやかです。インポート生地を使って仕立てられたオーダースーツは、着心地がよくスタイリストに見えます。

スタンダード生地

ウールの定番生地をしっかりと抑えておくのはオシャレの第一歩です。成人式をきっかけに「定番」をクローゼットに揃えておくと安心です。

高機能生地

技術の進歩によリシワになりにくいノーアイロンや、身体の動きを妨げないストレッチなどの高機能を備えた生地が登場しています。

オーダースーツの価格

5万円以下の予算

2ピーススーツ(ジャケット、パンツ)で標準的な生地であれば、5万円以下で十分に成人式向けのオーダースーツのお仕立てが可能です。

5万円〜10万円の予算

5万円以上の予算があれば、3ピースのスーツや、インポート生地が視野に入ってきます。また2着同時にオーダーすると割引になるサービスを実施している店舗もあります。スタンダードなスーツと、華やかなオーダースーツの2着を揃えることもできますね。

10万円以上の予算

10万円以上かけてスーツをオーダーするならば、生地、色、柄、オプションなどにじっくりこだわり、究極のオーダースーツに挑戦するのはいかがでしょうか。


オーダースーツを仕立てる場所

スーツ専門量販店

スーツ量販店は、スーツの専門メーカーとして沢山のノウハウがあるので、コスパよくオーダースーツを注文できます。また大量生産できるメリットがあるので、高機能、高品質なオリジナル生地を自社開発しているブランドもあります。

百貨店

多くの百貨店は立地の良い駅周辺にあるので、仕事帰りなどに気軽に行けます。催事コーナーでオーダースーツフェアが開催される機会もあり、コストパフォーマンスの高いオーダースーツを購入できるチャンスもあります。

オーダースーツ専門店

技術力の高い職人さんが経営している​​オーダースーツ専門店では、上質なオーダースーツサロンの雰囲気を味わえます。手作業での丁寧な仕上がりが期待できます。

スーツセレクトの成人式オーダースーツ

最後に、スーツセレクトの成人式オーダースーツ製作で提供しているサービスの概要について、他社との違いや、スーツセレクトでオーダースーツを作るメリット等を中心にご紹介します。
スーツセレクトでは業界の常識を覆す3つの「10」を取り入れた「AI SPEED ORDER」で、お客様に成人式用のオーダースーツをご提案しています。

10分で採寸 AI SPEED ORDER

スーツセレクトでは業界トップクラスの超高精度画像採寸システムの開発に成功しました。アプリを起動し、4つの基本項目を入力して、写真を2枚撮るだけ。精度の高いオーダーサイズが表示されます。お客様のお好みをヒアリングさせていただいて完了。採寸に要するのはたったの10分です。

採寸のデータをもとに、店内のサンプルスーツをご試着することで、仕上がりイメージをご確認いただけるのも、多くの既製品を取り扱うスーツセレクトでオーダースーツを作るメリットの一つです。

また、一度採寸が終われば、サイズのデータが残るので、今後の就職活動や新社会人用にスーツが必要になった際は、同じサイズで注文ができます。2回目以降の来店の際、採寸の手間や時間を大幅に省くことができることも大きなメリットになります。

10種類の厳選生地から選べる

10日間仕上げ対応の厳選された10種類の生地はなんと¥42,900(国内縫製)。それ以外にも150種類以上のオリジナル生地を準備。ストレッチ等の機能性を重視した生地や、イタリアの生地メーカーである「カノニコ」「エルメネジルドゼニア」といったインポート生地も特別価格でご用意しています。
※3週間でのお渡しの場合¥38,500~ご用意しております。(海外縫製)

また、スーツセレクトでは既製スーツで圧倒的人気を誇る4つの型紙、スキニー・ブラックライン・スリムテーパード・クラシコテーパードからお好みのタイプを選べます。ほとんどのオーダー店は1つの型紙しかありません。完成度の高い型紙バリエーションを揃えていることは、お客様の体型やお好みにピッタリの1着を作るための多大なメリットになります。

10日間でお渡しできる

オーダースーツの常識を覆す業界最速レベルの”10日間お渡し”が可能です(10日間仕上げ対応の10種類の生地。)通常の国内仕上げで2週間、オプション無料の海外仕上げでもたったの3週間でお渡しできます。一般的なオーダースーツは少なくとも1ヶ月以上の納期が必要になりますので、かなり早いことがお分かりいただけるかと思います。

既製品のお直しで、袖や着丈の直しが入る場合は10日以上掛かることもありますので、既製品でいつもたくさんの箇所を直される方は、最短10日間で仕上がる「AI SPEED ORDER」の方が早い可能性もあります。こちらも、スーツセレクトでオーダースーツを作るメリットの一つとして、多くのお客様に大変ご好評をいただいております。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、大人への第一歩として、成人式はオーダースーツで出席した方が良い理由をいくつか述べさせていただきました。せっかくの成人式、一生に一度の晴れ舞台には、やはり自分の体に合ったスーツを着て行きたいですよね。この記事を読んで、一人でも多くの方が「オーダースーツを作ってみよう」という気持ちになったとしたら、幸いです。