注目キーワード
  1. 結婚式
  2. 就活

[スーツ]茶色の靴の合わせ方

[スーツ]茶色の靴の合わせ方

茶色の靴は様々なスーツと合わせることができます。
ネイビースーツ、グレースーツ、ブラウンスーツ、ブラックスーツetc・・・
なぜ様々な色のスーツに合わせることができるかというと、それは茶色という色には実に多くのバリエーションがあるからです。
濃い茶色であるダークブラウン、赤茶色であるバーガンディー、明るい茶色であるライトブラウンなど様々です。

様々な種類(トーンの種類)があるため、黒よりも幅広く使うことができるともいえます。
それが茶色の靴の魅力です。
今回はそんなスーツに合わせる茶色の靴の色の種類、素材の種類。
そしてスーツの色別相性の良い茶色の靴(革靴)を紹介していきます。

茶色の靴  色・素材のバリエーション

茶色の靴と言っても黒とは違い、素材や装飾(デザイン)以外に、色の明るさ(色味)が異なるものが多数あります。
同じ茶色といえども明るさが違うだけで、印象は全く異なるものになります。
自分の理想としているコーディネートやビジネスシーンにはいったいどの茶色が適切なのか。
足元の印象は全体の印象に繋がるので詳しくみていきましょう。

ダークブラウン

ダークブラウンストレートチップ

ダークブラウンは赤や橙など暖色に黒が混じった、その名の通り濃い茶色です。自然界にもある色ということもあり、生活でも身近な色のひとつではないでしょうか。
ダークブラウンは落ち着いた印象や堅実さ信頼感を与える色と言えるでしょう。
派手な印象もなく、合わせやすく、着こなしが綺麗にまとまるので、初めて茶色の靴(革靴)を取り入れる時には、まずダークブラウンから挑戦してみると良いかもしれません。

こちらのダークブラウンのストレートチップの革靴はこちら

最新のスーツに合わせる茶系の革靴はこちら

バーガンディー

バーガンディー外羽根プレーントゥ

バーガンディとはワインレッドに似た赤みの強い茶色です。
紫に赤を感じる印象の強いワインレッドとは異なり、落ちつきの中に艷やかさと大人っぽさをあわせもつ色です。

落ちつきの中に、艷やかさと大人っぽさをあわせもつ色のため、ビジネスシーンだけでなく、結婚式の二次会などのパーティーシーンにも活躍します。

こちらのバーガンディーの外羽根のプレーントゥの革靴はこちら

最新のスーツに合わせる茶系の革靴はこちら

ライトブラウン

ライトブラウンダブルモンクストラップ

ライトブラウンは文字通りトーンの明るいブラウンを指します。
ダークブラウンにあるような重厚感ではなく、明るさと軽快さを兼ね備えた色です。
ライトブラウンの明るい色のトーンに合わせて、スーツの色もやや明るめのネイビー・グレー・ブラウンとの相性が良いです。
またジャケパンスタイルなど、ビジネスシーンでも少し砕けたカジュアルなシーンにオススメな茶色です。

こちらのライトブラウンのダブルモンクストラップの革靴はこちら

最新のスーツに合わせる茶系の革靴はこちら

スエード

フルブローグスエード

スエードとは主に子牛や子羊の皮の裏面を起毛させた素材を指します。
皮の裏面を起毛させた素材なので、独特の光沢感や温かみのある質感があります。
スムースレザー(表面がなめらかな革)のフォーマル、ドレッシーな印象とは対照的に、カジュアルな印象のある素材です。
1足持っておくだけで日々の着こなしのアクセントにもなります。
茶色のスエードは秋冬シーズンにももってこいの色なので、ニットなどを着用するカジュアルな日の着こなしや、フランネルなどのふくらみ感のある起毛素材のスーツとの相性が抜群です。

こちらのスエードのフルブローグの革靴はこちら

最新のスーツに合わせる茶系の革靴はこちら

[ビジネススーツ着用時]
茶色の靴を選ぶ時の注意事項!

茶色の革靴、ベルト、小物

茶色の革靴と言っても紹介してきた様に色の種類だけでも様々です。
黒の革靴で合わせていた時の着こなしそのままではもったいなく、またちぐはぐな着こなしになってしまう可能性もあります。
やはり足元の革靴に合わせて、その他のアイテムの着こなしも変化させていく必要があります。
では具体的にどう言ったことに気をつけていけば良いのか見ていきましょう。

靴の色とベルトの色は必ず合わせる

靴の色とベルトの色を合わせることはマナーと言っても過言ではないスーツスタイルの大前提です。
これはしっかり守っていきましょう。
茶色の革靴を購入する際には色や素材が同じベルトを一緒に購入するのが間違いないと思いますが、どうしても同じ色が用意できない場合はベルトの色の方が濃くなるようにしましょう。

こちらのクォーターブローグの茶色の革靴はこちら

こちらの茶色のベルトはこちら

最新のスーツに合わせる茶系の革靴はこちら

最新の茶色の革靴に合わせる茶系のベルトはこちら

茶色の靴を購入する際は、どのスーツと合わせるかイメージしよう

合わせるスーツの色が明るいもの中心なのであれば、茶色でも明るいライトブラウンを選んだり、深いネイビースーツなどであればダークブラウンを選んだり、靴のことだけを考えるのではなく、どういったシーンでどういった着こなしをするのかを想像すると失敗しません。
ドレッシーな着こなしをしたいのであればストレートチップやプレーントゥ。
カジュアルな着こなしをしたいのであればフルブローグやコインローファー。
デザイン(形)にもこだわると着こなし全体の完成度が増すでしょう。

スーツの色別相性の良い茶色の靴

では具体的にどんな茶色の革靴がどんなスーツに合うのか、具体的にご紹介していきます。
なんとなく選ぶよりも具体的に理由を知ってから選んだ方が安心感も増します。ビジネスシーンでは見られ方には気を配りたいものです。
様々な組み合わせの中から自分にあった足元のコーディネートを選びましょう。

ネイビースーツ×ダークブラウン

ネイビースーツと茶色の革靴のコーディネート

※画像はイメージです。革靴以外展開はありません。

紺色と茶色の組み合わせはアズーロ・エマローネと言って定番中の定番の色合わせです。
ビジネスマンなら覚えておきたい色合わせで、応用も利くのでぜひ挑戦して欲しい色合わせです。
ネイビースーツにダークブラウンの革靴とベルト、バッグ、ネクタイも同色系のダークブラウンが基調のものにするだけで完成度の高い好印象なアズーロ・エマローネの着こなしができます。
冬場においてはコートもダークブラウンのものにして統一感をもたせましょう。

モデル着用の革靴の詳細はこちら

グレースーツ×ライトブラウン

グレーのスーツはモノトーン系の中でも黒より明るい色になるので、それに合わせて茶色の色味も明るくすると綺麗に合わせられます。ライトブラウンの明るく少しカジュアルな印象をプラスすれば、グレー系の固いイメージも中和でき全身で程よく明るい印象が保てます。
外羽根のUチップなど、革靴の形もカジュアルなものにすればより小慣れた印象にも繋がります。

こちらのライトブラウンの外羽根Uチップの革靴の詳細はこちら

ブラウンスーツ×スエードダークブラウン

ブラウンスーツコーディネート

※画像はイメージです。革靴以外展開はありません。

トレンドのブラウンスーツにはスエード素材のフルブローグ ダークブラウンを合わせればブラウンの落ち着いた印象や貫禄を保ったままカジュアルで明るいコーディネートが楽しめます。
スエードは渋くなりすぎず遊び心を演出できる素材です。
ネクタイにも膨らみのあるウール素材を合わせると、秋冬の暖かみのある着こなしを楽しめます。

スエードチャッカーブーツ

スエードのチャッカーブーツを合わせても◎

モデル着用の革靴の詳細はこちら

スエードのチャッカーブーツの詳細はこちら

ブラックスーツ×バーガンディー

定番で誰もが1着は持っているブラックスーツには、赤みがかったバーガンディーの革靴がオススメです。
上品なイメージのバーガンディーとフォーマリッシュなブラックスーツは非常に相性が良い組み合わせです。
カジュアルになりすぎない様に、デザイン(形)はストレートチップ、プレーントゥなどのシンプルなものがオススメです。
ネクタイも赤系を選ぶことで、ネクタイから繋がる縦のセンターラインが揃い、統一感のあるコーディネートになります。

こちらのバーガンディーの内羽根ストレートチップの革靴の詳細はこちら

まとめ

一口に茶色系の革靴と言っても様々な種類があり、それぞれ特長があります。
色によって与える印象が異なります。
また相性の良い、スーツの色やコーディネートも異なります。

茶色の革靴を購入する時には、靴だけで考えるのではなく、スーツ、シャツ、ネクタイ、ベルト、バッグなど、全体を考えた上で選んでいきましょう。

スーツセレクトは、北は北海道、南は沖縄、海外はThailandに約200店舗展開している、スーツショップです。
スーツに合わせる茶色の革靴を多数取り揃えております。
知識豊富なプロの販売員が、皆様のお買い物をサポートさせて頂きます。
公式通販サイトとともに、お近くのスーツセレクト迄足を運んでみてください。

スーツセレクト店内

スーツセレクト公式通販サイトはこちら

全国のスーツセレクト ショップリストはこちら

スーツセレクト公式ブランドサイトはこちら

※画像はイメージです。最新の商品はスーツセレクト公式通販サイトをご覧ください。