注目キーワード
  1. 結婚式
  2. 就活

働く女性に支持されるレディースオールシーズンスーツ

働く女性に支持されるレディースオールシーズンスーツ

ビジネスシーンにおけるスーツの着用頻度は、男性に比べると、女性は低い傾向があります。
2019年に実施されたマイボイスコム株式会社による「スーツ」に関するインターネット調査によると、男性では、「週4~5回」「年に1回未満」が所有者の約20%台でボリュームゾーンに対し、女性では、「年に1回未満」が50%強です。

引用:マイボイスコム株式会社 スーツに関するアンケート調査(第2回)

男性に比べて女性の着用頻度の少ないビジネススーツ。
そんなビジネススーツに女性は何を求めるのでしょうか?
何故働く女性にオールシーズンスーツが支持されるのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

「オールシーズンスーツ」について詳しく知りたい方はこちらを合わせてご覧ください。

オールシーズンスーツ/スリーシーズンスーツの魅力

何故働く女性にオールシーズンスーツは支持されるのか?

必要な時にいつでも着ることができる

支持される1つ目の理由は、「必要な時にいつでも着ることができる」ことです。
先程のアンケート結果にもありましたが、女性の半数以上の方は、年に1回程しかスーツを着用しません。
しかもこのアンケートはビジネスシーン限らず、冠婚葬祭や入学式、卒業式などのイベント毎での着用も含むため、ビジネスシーンだけに限ると、女性のスーツ着用頻度は更に少ないものになります。
着用頻度が少ない場合、季節に合わせてスーツを用意するよりも、季節問わず、いつでも着用できるオールシーズンスーツを用意したほうが、効率良いといえるのではないでしょうか。
「必要な時にいつでも着用できる」=「オールシーズンスーツ」
このことがオールシーズンスーツが支持される理由の1つです。

手持ち在庫が少なくてすむ

基本的にスーツは、春夏用と秋冬用をそれぞれ揃えたほうが、ファッションを楽しむという側面だけでなく、スーツの生地も傷みにくくなるということもあり、理想的であるといえます。
ただし春夏用と秋冬用をそれぞれ揃えるということは、一般的にいわれている「1着2休」という、1日着用して2日間休ませるルールに合わせると、シーズン毎に3着、年間で合計6着用意する必要があります。

それがオールシーズンスーツであれば、営業職などで毎日スーツを着用する方でも年間で3着ですみます。

手持ち在庫が少なくてすむということは、出費を抑えることや、クローゼットに余裕をもたせることに繋がります。
「手持ち在庫が少なくてすむ」=「オールシーズンスーツ」
このこともオールシーズンスーツが支持される理由の1つです。

レディースのオールシーズンスーツに求められる機能

一年中着用機会のあるオールシーズンスーツに求められる機能とはなんでしょうか?
早速見ていきましょう。

ウォッシャブル(洗える)機能

ネイビーのパンツ、白のカットソーを着用した女性が、洗濯したジャケットを手に持っている様子

「洗える」というのは非常に便利な機能であるといえます。

「洗える」メリットとして・・・
①汚れた時、汗をかいた時に、すぐに洗うことができ、清潔感をキープできる。
②自宅で洗えることで、クリーニング代が節約できる。
③クリーニングにだすよりも早く仕上がる。また、だしにいったり取りにいったりする手間がかからない。
④クリーニングにだした時についてくるビニール袋や、ハンガーを処分することがないのでエコ。

「クリーニング」と「自宅での洗濯の違い」は・・・
クリーニング→皮脂汚れや、食べ残しなどの油性の汚れを落とすことができる。
(※クリーニング=ドライクリーニング)
自宅での洗濯→汗などの水溶性の汚れを落とすことができる。

女性にとって、自宅で簡単に洗えるということは、男性以上に大きな要素ではないでしょうか。
(男性は洗えるスーツであっても洗わない方が以外に多い・・・)
気になった時にすぐに洗えるということは、清潔感が求められるビジネスシーンにおいて非常に有効です。

Attention!
①洗えるスーツには、パンツ(スカート)のみ洗えるタイプとジャケット・パンツ(スカート)共に洗えるタイプとがあります。
購入前にしっかりと確認しておきましょう。
パンツウォッシャブルなのにジャケットも洗ってしまうと、型崩れの原因になります。

②初めて洗えるスーツ(ウォッシャブルスーツ)を購入する際は、お店のスタッフに洗い方をレクチャーしてもらいましょう。
正しく洗うことで、長く良い状態を保つことができます。

③洗い方だけでなく、洗う頻度にも注意しましょう。
月に1度ぐらいを目安に考えてみてください。
洗いすぎは生地を傷める原因になります。

④しばらく着用しない時には、ドライクリーニングにだして保管しましょう。
しっかりと油性の汚れ(皮脂等)をとってから保管しないと、虫食いの原因になります。

最新のレディースウォッシャブルスーツをご覧になりたい方はこちら

洗えるスーツをお求めで「アクロン」プレゼント!

全国のスーツセレクトでは、洗えるスーツをはじめとした、ウォッシャブルアイテムの購入で「ミニサイズのアクロン」をプレゼント!
※数量限定、2020年9月30日迄

正しい洗い方は、お洗濯マイスターが教えてくれます。

洗い方はこちらをチェック!

ノーアイロン&形態安定 機能

洗濯機の前でライトグレーのノーカラーのスカートスーツを着用した女性が座っている。

シワになりにくい形態安定性、洗濯してもアイロンのいらないノーアイロン機能。
こちらの2つの機能があることで、手入れが楽になります。

ストレッチ(伸縮)機能

ネイビーのパンツスーツにブルーのストライプのシャツを着た女性が立っている。

ストレッチ性に優れているということは、ストレスフリーで着用できるということです。

女性のスーツは、ボディーラインが綺麗に見えるように、より体にフィットしたものが多く見られますが、いかに体のラインが綺麗に見えるからといって、窮屈で動きにくいということは避けたいところです。

そこで重要になってくるのが、ストレッチ性です。
シルエットを綺麗に見せながらも、体の動きに合わせて伸縮することでストレスなく着用することができます。
外回りの営業の方から、座り仕事の事務の方まで、快適な役立つ機能です。

ストレッチを効かせる為に主に使われる素材として、ポリウレタン(合成繊維)があげられます。
ストレッチ機能のあるスーツをお探しの場合は、素材にポリウレタンが使われているかを、目安の1つにしてみてください。

Attention!
経年劣化に注意が必要
ポリウレタンは合成繊維特有のデメリットがあります。
それは天然繊維と違い、経年劣化により回復性が弱まる点です。
使い込むにつれ生地の劣化が生じ、キックバック性(伸びて戻る性質)が弱くなることで、伸びたままの状態になりやすいといえます。
そのことが最終的に型崩れにも繋がります。

柔らかい&軽い

ネイビーのパンツスーツにブルーのストライプシャツを着用した女性が、ジャケットの襟を両手で持っている。

肌に触れるものなので、手触りや着心地はとても重要ですよね。
柔らかい手触り、着心地はそれだけでリラックス効果が生まれます。

「軽さ」は「ストレッチ性」同様に、快適に着用するための重要な要素です。
「軽い」ということは、それだけで「肩こり」など、体への負担軽減に繋がります。
※一般的に男性よりも女性の方が「首や肩の筋肉量の少なさ」「冷え性による血流の悪さ」などから、肩が凝りやすい傾向があります。

反対に重いスーツは着用しているだけで、体へ負担がかかります。
一年中着用する機会のあるオールシーズンスーツなので、楽に着れる、軽いスーツが好ましいといえます。

働く女性にオススメのオールシーズンスーツ→4Sスーツ

4S SUITのタグ
スーパーノーアイロン
ストレッチ
ソフトタッチ
スリム

ここまで、オールシーズンスーツに求められる機能をお伝えさせていただきました。
そのうえで、働く女性にオススメのオールシーズンスーツがあります。
それは・・・

「4Sスーツ」

です。

「4Sスーツ」は、オールシーズンスーツに求められる、
「上下洗える」・「ノーアイロン&形態安定」・「ストレッチ」・「柔らかい&軽い」という機能を全て網羅しているスーツです。

「4S」は、
Super non iron(スーパーノーアイロン)
Stretch(ストレッチ)
Soft touch(ソフトタッチ)
Slim(スリム)

上記4つの機能をあわせもつことから、それぞれの頭文字の「S」をとって命名された、多機能性スーツです。

それぞれの機能について詳しく見ていきましょう。

Super non iron(スーパーノンアイロン)

今や、女性にとってご家庭で洗濯できるウォッシャブル機能が付いているのは当たり前で、「4S SUIT」はそれでいて形態安定性が強く、洗って、干してそのまま着用できるスーパーノンアイロンの生地になっています。
しかも速乾性に優れております。
洗濯後のスーツはシワが残り、アイロンがとても大変なので、洗濯するのに躊躇される方も多いと思いますが、これなら安心です。
長いシーズン着用し、着用頻度が多ければ多いほど、形態安定性が高いのは便利に感じると思います。

Stretch(ストレッチ)

営業で外回り仕事の方は勿論のこと、内勤で座り仕事の方にとっても、ストレッチがきいているというのは非常に嬉しい機能ではないでしょうか。
座った時に肩回りや腿(モモ)のあたりが張ってしまうというストレスが軽減され、仕事も捗ります。
そもそもが、スーツは立った時に美しく見えるようにつくられている為、座ると窮屈さを感じてしまうのはある程度仕方のない事ですが、それを克服したジャージのように伸びるストレッチ素材のスーツが「4S SUIT」です。
スポーツ素材メーカーと共同開発した、タテとヨコの両方に伸びるストレッチ生地はとても快適な着心地です。
たまにしか着用されない方でも、スーツを着ることがストレスに感じなくなると思いますので、是非試してみて下さい。

Soft touch(ソフトタッチ)

ストレッチ素材であると同時に、肌触りがソフトで柔らかい素材ということも、快適に着用できる要素の1つです。
優しく、柔らかな着心地は、快適さを生み出し、仕事の効率アップにも繋がります。
一般的なストレッチ素材は、「いかにも伸びる」といった見た目で、通常のウール素材と比べると見劣りしてしまう物がほとんどでした。
「4S SUIT」は独自の織り方と加工が施されたポリエステルニット素材で、通常のウール素材と比べても遜色ない見た目です。
ストレッチ素材を今まで敬遠されていた方でも手に取りやすくなっているので、おすすめです。

Slim(スリム)

いくら機能が充実しているスーツでも、シルエットが良くないと元も子もありません。
借り物を着ているようなダボっとしたサイズ感だと、相手によっては「スーツを正しく着れない=信頼できない」と判断されてしまう恐れもあります。
それ程、見た目のシルエットというのは重要で、印象を左右する大事なポイントです。
また、近年では全身ピタピタで着るよりも、程よくゆとりを持たせる部分は持たせ、絞るところは絞って「着ていて楽だけど、カッコイイ」というシルエットが人気です。
「4S SUIT」には、そのようなニーズに対応した、誰が着ても楽でキチンと見えるスリムシルエットが備わっています。

Super non iron(スーパーノーアイロン)
Stretch(ストレッチ)
Soft touch(ソフトタッチ)
Slim(スリム)
4つの機能を兼ね備える「4S SUIT」を是非、お近くのスーツセレクトでチェックしてみてください。

※2020年4月現在 オンラインショップでのレディースの4S SUITの展開はありません。
是非お近くのスーツセレクトでご確認ください。

お近くのスーツセレクトを探す

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回述べたように、スーツを着る女性はシーズンレスで使える事に着目している事、また清潔感もビジネスでは重要視される事もあり、少ない着数でも着まわせるようにウォッシャブル機能のあるスーツも選ぶ基準となっている事がお分かり頂けたかと思います。

カジュアル化が進んでいく日本の社会で女性の仕事服の選び方も変わっていますが、スーツも時代に合わせて進化していっております。その中でも今回ご紹介した「4S SUIT」は、着心地もストレスフリーでジャケットも軽い為、軽快に着用出来る上に、上下洗えて更にはノーアイロンで着用出来るスーツは他では手に入らないスーツです。オールシーズン用のスーツの新調をご検討されている方は是非一度、お試しになって下さい。

世の中には、たくさんの機能性を謳ったスーツがあります。今回の「4S SUIT」も選択肢の一つとして、自身の働く環境に合わせてニーズにあったスーツを探してみて下さい。

最新のレディーススーツはこちら

最新のレディースセットアップはこちら

最新のレディースジャケットはこちら

最新のレディースパンツはこちら

最新のレディーススカートはこちら