注目キーワード
  1. 結婚式
  2. 就活

レディースリクルートスーツに必要なアイテムについて徹底的に紹介します!

レディースリクルートスーツに必要なアイテムの全て

レディースリクルートアイテム一式

レディースのリクルートスーツは、合わせるアイテムによって、印象が大きく変化します。
就活に最適なアイテムを選ぶことで、コーディネートに統一感が出て、見た目が美しくなり、面接官に良い印象を与えることにつながります。
ここでは、レディースリクルートスーツ合わせるべきアイテムの選び方について、ブラウス、コート、シューズ、バッグ、ベルト、その他の小物アイテムにわけてご紹介します。

レディースリクルートスーツに合わせるべきブラウス

左スキッパーカラー 右レギュラーカラー

リクルートブラウス

レディースリクルートスーツに合わせるべきブラウスのポイント

  • 色・柄:白い無地
  • 襟の形:レギュラーカラー、またはスキッパーカラー
  • まずは店舗で採寸してもらい、自分にぴったりのサイズを知ることが重要
  • 首まわり:レギュラーカラーシャツの場合は第一ボタンを締めたとき、首とシャツの間に指一本分の余裕があるサイズを目安に
  • 肩幅:ブラウスと、自分の肩幅をぴったり合うサイズ
  • 背幅:背中の両脇下に、少しゆとりができるサイズ
  • バスト:目安はトップバストのサイズから+10cmのサイズ
  • 袖丈:スーツのジャケットの袖から、ブラウスの袖が見えないこと
  • シワになりにくい携帯安定シャツがおすすめ
  • シミ・汚れが付きやすいので、こまめに洗濯・クリーニングへ

ブラウスは、見た目の印象に大きく影響する重要なアイテムです。
まずは、リクルートスーツに合わせるべきブラウスについて、基本の選び方をマスターしましょう。
レディースリクルートスーツに合わせるべきブラウスは、白い無地のデザインが最適です。

襟の形は、レギュラーカラーとスキッパーカラーの、2種類のどちらかを選ぶとよいでしょう。
レギュラーカラーシャツは、首もとの第一ボタンがあるタイプのシャツで、真面目な印象を与えます。
スキッパーカラーシャツとは、首もとに第一ボタンがないタイプのシャツで、襟をジャケットの外側に出すのが一般的です。
レギュラーカラーシャツと比べ、アクティブな印象を演出できます。
どちらのデザインも、問題なく就職活動で着用できますが、受ける業種によって使い分けることを、おすすめします。

ブラウス選びに重要なのは、まずは店頭で採寸してもらうことです。
自分にぴったりのサイズを把握することが、最適なブラウス選びに重要です。
試着時は、リクルートスーツのジャケットもあわせて試着することが大切です。ジャケットを着用したときに、レギュラーカラーシャツは、胸元のVゾーンのバランス、スキッパーカラーシャツは襟の幅のバランスをチェックしてみましょう。

また、袖丈は、腕を下ろしたときに、スーツのジャケットから見えない程度の長さが目安です。

ブラウスの裄丈の長さ

また、ブラウスを選ぶときには、機能性もチェックしてみましょう。
形態安定タイプのブラウスは、アイロンでシワを伸ばしやすくて、着用していてもシワが付きにくいので、清潔感のある印象を与えます。

白いブラウスは、シミ・汚れや、首・袖口まわりの黄ばみが目立ちやすいので、着用後は早めに洗濯、またはクリーニングに出しましょう。
連日の説明会や面接に備えて、ブラウスを3枚~4枚ほど用意しておくと安心です。

レディースリクルートスーツに最適なブラウスの選び方についてさらに詳しく知りたい方はこちら

レディースリクルートスーツに合わせるべきレディースコート

ベージュトレントコート

レディースリクルートスーツに合わせるべきレディースのコートのポイント

  • 色:ベージュ、黒、紺、グレーなど落ち着いた色
  • デザイン:シンプルなトレンチコート、ステンカラーコートが定番
  • 着丈:膝上のショート丈が人気
  • 素材:コットン、ウール、ナイロン、ポリエステルなどが一般的
  • 試着はリクルートスーツのジャケットの上から
  • コートの着脱は、訪問する建物の外で

冬場や肌寒い春・秋の就活には、コートが必須アイテムです。
リクルートスーツに合わせるレディースのコートは、シンプルなデザインのトレンチコートやステンカラーコートが最適です。
色は、落ち着いたベージュ、黒、紺、グレーが一般的です。明るく、派手な色は避けましょう。
着丈は、膝上のショート丈が目安です。着用時のサイズを正しく把握するために、リクルートスーツの上から試着して、着丈や肩幅などのサイズを確認しましょう。

面接や説明会に訪問するときには、コートやマフラーを脱いでから、建物に入るのが一般的です。
帰る時も同様に、建物の外に出てからコートを着用しましょう。
脱いだあとのコートは、立っているときには前腕にかけて持ち、着席時は3つ折りか4つ折りにして、バッグの上に置くとよいでしょう。
最近では、機能性が高いコートが多くラインナップされています。
着脱可能ライナー付きのコートなら、冬だけでなく、肌寒い春・秋にも着回しできるので、おすすめです。

レディースリクルートスーツに最適な、ベージュのトレントコートはこちら

レディースリクルートスーツに合わせるべきバッグ

レディースリクルートスーツに合わせるべきバッグのポイント

  • 色:黒色が最適。装飾が少なく、シンプルな無地のものを
  • デザイン:肩に掛けられるショルダータイプ(トート型)
  • 素材:合皮、天然皮革など
  • サイズ:履歴書やA4サイズの資料を折り曲げず、スムーズに出し入れできるサイズ
  • 底に鋲(びょう)がついている自立型バッグ

レディースのリクルートスーツに合わせるバッグは、黒無地のシンプルなデザインが最適です。
装飾が少ないシンプルなデザインを選び、キーホルダーやストラップを付けるのは控えましょう。
持ち手が長めのショルダータイプ(トートバッグ)なら、肩に掛けられるので、荷物が多くても持ち運びしやすくなります。
持ち手が下がるタイプなら、着席時に折りたたんだコートを置きやすくなるので便利です。
素材は、合皮、天然皮革などが一般的で、軽量で防水機能があると、さらに実用的です。
サイズは、履歴書やA4サイズの資料をスムーズに収納できるサイズを選ぶと良いでしょう。
さらに、小物やポーチも入る、大きめのサイズがおすすめです。
内部にいくつか仕切りがあると、荷物を整理しやすいでしょう。

リクルートバッグ

また、底に鋲(びょう)がついている、自立型のバッグを選びましょう。
自立型のバッグなら、着席時に資料を取り出しやすく、面接中にバッグが倒れる心配もありません。

レディースリクルートスーツに合わせるべきパンプス

リクルートパンプス

レディースリクルートスーツに合わせるべきパンプスのポイント

  • 色:黒色の無地
  • 素材:天然皮革がおすすめ
  • デザイン:プレーンタイプ、またはストラップタイプが一般的
  • ヒールの高さ:3cm~5.5cmの高さが目安
  • 必ず試し履きして、縦サイズ(cm)と幅サイズ(E)を確認すること
  • 適切なメンテナンス、保存方法で長く愛用できる

長時間歩き回ることが多い就活時は、パンプスの選び方がとても重要です。
レディースのリクルートスーツに合わせるパンプスは、黒いレザーのシンプルなタイプが最適です。
デザインはプレーンタイプ、またはストラップタイプが一般的です。
プレーンタイプなら、ビジネスから冠婚葬祭まで、あらゆるシーンに対応できます。
またコーディネート全体に統一感が出て、引き締まった印象を与えます。
ストラップタイプは、脱げにくく歩きやすいのがメリットです。
足元のストラップがワンポイントになります。

ヒールの高さに悩まれる方も多いようですが、3cm~5.5cmを目安にして選ぶと良いでしょう。

パンプスを選ぶ時には、店舗で必ず試し履きすることが大切です。
自分にぴったりのサイズを選ばないと、靴擦れや疲労の原因となり、見た目の印象も良くありません。
パンプスはこまめにメンテナンスすることで、長く愛用できます。
パンプスを履いたあとは、柔らかいブラシで汚れを落とし、靴用クリームを塗ると、美しい見た目を維持できます。
皮革は湿気に弱いので、風通しのよい場所で湿気を取り除いてから保管しましょう。

レディースリクルートスーツに合わせるべきベルト

レディースベルト

レディースリクルートスーツに合わせるべきベルトのポイント

  • 色:皮革、ステッチともに
  • 柄:無地のシンプルなベルト
  • 素材:天然皮革などのレザー素材
  • 幅:およそ2cmが目安
  • 長さ:真ん中のベルト穴がぴったりのサイズ
  • バックル:シルバー四角型、またはラウンドタイプ

リクルートスーツに合わせるベルトは、あまり目立ちませんが、パンツスーツを着る場合は必須アイテムです。
スカートスーツの場合、スカートにベルトループがなければベルトを着用する必要はありません。
ベルトは黒無地のレザータイプで、シンプルなデザインを選びましょう。
白や茶色、装飾、模様、柄などはカジュアル性が強くなるため、就活時には不向きです。

ベルトの太さは、2cmが目安です。
男性のリクルートスーツ用ベルトとは違い、細めのデザインを選びましょう。

バックルの形は、四角型、もしくは少し丸みのあるラウンドタイプが基本です。バックルの色は、どの業界にも対応できるシルバーがおすすめです。
業界・企業によっては、控えめなゴールドも良いでしょう。

ベルトの最適な長さは、ウエストのサイズと、ベルトの真ん中の穴がぴったりと合うサイズです。
長さを調節できるタイプのベルトもありますので、自分のウエストサイズに合うよう調整しましょう。

レディースリクルートスーツに合わせるべき小物・関連アイテム

レディースリクルートスーツに合わせるべき小物アイテムのポイント

  • 名刺入れ:黒や紺のベーシックなもの
  • ハンカチ:落ち着いた色・デザイン
  • ストッキング:ナチュラルなベージュの無し

就活時に持ち歩く小物も、リクルートスーツに最適なデザインを選ぶのがポイントです。
就活時に使う名刺入れは、黒や紺のベーシックなものを選びましょう。
就活時に使うハンカチは、ハンドタオルや派手なデザインのハンカチは避け、ビジネスシーンに対応できる落ち着いたデザインのものを用意しましょう。
ストッキングは、肌色に近い、ナチュラルなベージュの無地タイプがおすすめです。
厚さは20~30デニールが目安に選ぶと良いでしょう。万が一、伝線しても困らないよう、予備のストッキングをバッグに用意しておくのも忘れずに。

レディースリクルートアイテムお買い得情報

就活POP

スーツセレクトでは、就活生におすすめのリクルートスーツに合わせる小物・関連アイテムが充実しています!
就活×SUIT SELECTと題して、就活応援リクルートキャンペーンを開催中です。
最新のリクルートアイテムを、お得にお買い求めいただけます。
メールマガジン・アプリの登録をして頂ければ、当日からご利用頂けます。

スーツセレクトのメールマガジン登録はこちら

スーツセレクト公式アプリの登録はこちら

全国のスーツセレクト店舗一覧はこちら

レディースリクルートアイテム関連コンテンツご紹介

スーツセレクトでは、就職活動をする学生さんを応援すべく、お役立ちコンテンツを多数ご用意しております。
是非一度ご覧になってみてください。

※画像はイメージです。 最新の商品はスーツセレクト公式通販サイトをご覧ください。

スーツセレクト公式通販サイトはこちら