注目キーワード
  1. 結婚式
  2. 就活

ネイビースーツに合わせるおすすめネクタイ!

ネイビースーツに合わせるお勧めネクタイ!

ネイビースーツ。
ネイビーとは濃紺色のことをさします。
ビジネスで、日常的にスーツを着用する人なら、誰もが一度は、着用したことがある色ではないでしょうか。
だからこそ知っておきたいのが、ネイビースーツを着用した時のコーディネート。
ワイシャツ、ネクタイ、シューズなど、スーツを着こなす上での、重要なアイテムは多数ありますが、今回は「ネクタイ」に注目。
ネクタイの色や柄が持つイメージについて、紹介していきます。
様々な色のネクタイと相性が良いのが、ネイビースーツの特徴です。
ビジネスの様々なシーンで、色や柄を使い分け、ネイビースーツのコーディネートをマスターしていきましょう。
定番の着こなしから、遊び心のある着こなしまで、自分に似合う色を見つけていくことも楽しみのひとつです。
ネクタイの合わせ方を覚えれば、シャツや革靴の合わせかた迄繋がります。

まずネクタイの柄を解説

色の理解も重要ですが、ネクタイに入る柄が、それぞれどういった印象をもつかを理解をすることも重要です。
カチッとした紳士的な着こなしか、それともおしゃれで色気のある着こなしか。
ネクタイの色をベースに、どういった柄をのせるかによって、着こなしは変化します。
代表的なソリッド、レジメンタル、ドット・小紋柄、チェックの主な印象を簡単に説明していきます。

ソリッド(無地)

ソリッドタイ

柄の入っていない無地のものを指します。
色のイメージが素直に伝わり、品格のある印象になります。
ネクタイの織り柄や、テクスチャー(素材感)も楽しめる定番の柄です。
柄の入っているシャツにもうるさくならず、組み合わせられます。
また上品なイメージにも繋がり、シンプルで洗練された装いになります。

最新のソリッド(無地)のネクタイの一覧はこちら

レジメンタル(ストライプ)

斜めのストライプが入っているものを指します。ストライプの幅が広いもの狭いもの様々な種類があり、ビジネスの場面では定番です。
仕事への誠実さを連想させ、ストライプの幅の違いで、様々な着こなしに組み合わせることができます。
ビジネスシーンではなくてはならない柄といえます。
レジメンタルストライプには大きくわけて2種類あります。

画像の左側が英国式のレジメンタルストライプ。
画像の右側が米国式のリバースストライプと呼ばれています。
日本においては、英国式の右上がりのストライプのものが多く見られますが、昨今のアメリカントラッドブームから、米国式のリバースストライプの人気も上がってきております。

最新のレジメンタルストライプのネクタイ一覧はこちら

~豆知識~
レジメンタルタイはオフィシャルな場面ではNG?
日本のビジネスシーンにおいては、定番の柄の一つである、レジメンタルタイ。実は、海外でのオフィシャルな、改まった席では、あまり好まれません。
レジメンタルタイは「特定のグループに属する」という意味があります。
また英国においては、大学のスクールタイとして、それぞれの大学を象徴するような配色がされております。
そういった背景から、誤解を招くこともあるため、オフィシャルな改まった場での着用は控えられています。

ドット・小紋柄

ドット・小紋柄ネクタイ

ドット=水玉。小紋柄= 小さな模様が間隔をあけて並んでいる柄。
ドット・小紋柄共に、柄が小さいと、フォーマルでクラシカルな印象になり、大きいとカジュアルな印象になります。
柄の大きさによって、印象が大きく変わります。
スーツの柄のピッチ幅によっても、相性の良いドット・小紋柄の大きさは異なります。

最新のドット柄のネクタイ一覧はこちら

最新の小紋柄のネクタイ一覧はこちら

チェック

チェックネクタイ

チェック=格子柄。
グレナカートチェック・タータンチェック・マドラスチェック・千鳥格子 など様々な種類のチェックがあります。
比較的スポーティーかつ、カジュアルな印象になる柄です。
しかしながら、明るい印象と、親しみやすさも、兼ね備える柄のため、シーンによっては有効的な柄だといえます。
※グレナカートチェックにおいては、チェック柄の中では、シックな印象になります。

最新のチェック柄のネクタイ一覧はこちら

ネイビースーツに合うネクタイの色を解説

ネクタイの柄の解説はいかがでしたでしょうか?
ここからはいよいよ、ネイビースーツにあうネクタイの色を、ご紹介させて頂きます。

ネイビー(紺色)

ネイビースーツ
ネイビーネクタイ

ネイビー、紺色をはじめとした、青系の色が持つイメージは、誠実さ信頼感若々しさ、フレッシュさがあります。
ネイビースーツとなら「ワントーンコーディネート」といって、シンプルで完成度の高い着こなしになります。
色がスーツとネクタイで統一される分、ストライプや、ドットなど、柄それぞれの持つイメージが、そのまま表現できます。
流行に左右されない、定番色なので、一本は持っておきたい色です。

ネイビースーツに合う、最新のネイビーネクタイ一覧はこちら

ブラウン(茶色)

ブラウンネクタイ
ブラウンネクタイ

堅実さ信頼感を演出できるのがブラウンの特徴です。
イタリアで定番の「アズーロ・エ・マローネ」という、ネイビーとブラウンの色合わせは、日本でも人気で、間違いのない定番の色合わせになっています。
ブラウンのネクタイっておじさん臭いかも、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。
ネイビースーツだからこそ、ブラウンのネクタイを選んで欲しいと思います。
クラシカルで紳士的な着こなしを演出できますし、しっかりと仕事ができる安心感も与えてくれるので、どんなビジネスシーンにも使える、定番的なネクタイの色です。
ネイビーとの相性の良さを生かして、上品で洗練されたスタイリングを楽しみましょう。

~豆知識~
アズーロ・エ・マローネはネイビー×ブラウンではない!?
日本におけるスーツの着こなしにおいては、ネイビー×ブラウンの組み合わせを、アズーロ・エ・マローネと呼ぶことが多いですが、本来はブルー×ブラウンの組み合わせのことを指します。
アズーロ=青空の青のことなので、厳密にはネイビー、紺色ではなく、ブルー、明るめの青系のことを指します。

ネイビースーツに合う、最新のブラウンネクタイ一覧はこちら

ピンク(桃色)

ピンクネクタイ
ピンクネクタイ

ピンク、桃色は、春を訴求する色です。
男性よりも、女性の方が好む傾向がありますが、女性が好む色=女性からの印象が良い色といえます。
ネイビースーツと合わせる時は、ピンク色の中に、ネイビーのストライプなど、スーツの色をすくった、配色のネクタイを選ぶと、ピンクの甘さが緩和され、ビジネスで使いやすくなります。

ネイビースーツに合う、最新のピンクネクタイ一覧はこちら

パープル(紫)

パープルネクタイ

パープルネクタイ

パープル、紫は一般的に高貴な・高級感のあるイメージを連想させる色です。
しかしその一方で、赤と青の相反する色からできており、場面によって大きく印象の変わる色でもあります。
高貴・高級感というポジティブな印象もありますが、不安などのネガティブな印象もある色です。
青系の色を含む、パープルだからこそネイビースーツとの相性は良く、それでいて人と被ることも少ない色ではないでしょうか。
特別なイメージを持ってもらいたい時など、自分をしっかり印象づけたい時に活躍してくれる色です。
レジメンタルやチェックなどの直線的な柄が入っていればパープルのもつ、不安なイメージも払拭でき、ビジネスで使うのにもおすすめです。
色気のあるスタイリングにも繋げられるので、ビジネス以外の様々なシーンで使える色だといえます。

ネイビースーツに合う、最新のパープルネクタイ一覧はこちら

グリーン(緑)

グリーンネクタイ
グリーンネクタイ

ブライトグリーン、明るいグリーンは爽やかで、リラックス効果があり、穏やかな、春や夏の自然をイメージさせる色です。
またフォレストグリーン、暗めのグリーンは、落ち着きをイメージさせる色です。
ネイビースーツと、グリーンのネクタイの組み合わせは、自然界にあるアースカラー同士の組み合わせのため、非常に相性が良い組み合わせです。
初対面の人にも、安心感をもってもらえる色であるとともに、服装に、おしゃれに気を使っている印象も生まれます。
お客様と会う時に、好印象を与えられる色だといえます。
ストライプの中に、少しだけグリーンが入っているだけでも、印象が変わるので、アクセントとしての、差し色としても活躍してくれます。
ほどよく華やかで、こなれたスタイリングをしたいときにぴったりです。

ネイビースーツに合う、最新のグリーンネクタイはこちら

レッド(赤)

赤のネクタイ
赤のネクタイ

レッド、赤は言わずもがな、情熱活力を連想させる色です。
しっかりと主張したいプレゼンの時や、商談の際には、もってこいの色です。
遠くからでも、ハッキリとした印象を与えられるので、たくさんの人に向けて何かを喋る時には、注目を集めることができる色です。
相手に対して、大きく印象づけたい場合は、ネイビースーツにソリッドの赤のネクタイを選び、少し柔らかい雰囲気を演出したい場合は、ドットのネクタイを選ぶなど、柄で赤の強さをコントロールしながら、コーディネートをしていきましょう。
ネイビーのネクタイ同様、ひとつは必ず持っておきたい色です。

ネイビースーツに合う、最新のレッドのネクタイ一覧はこちら

オレンジ(橙色)

オレンジネクタイ
オレンジネクタイ

オレンジ、橙色は親しみと、エネルギーを感じさせてくれる色です。
同じ暖色系の赤とは違う、ポジティブな印象とエネルギッシュな印象を与えてくれます。
親しみが生まれ、仲間意識を高める色のため、同意を求めていきたいプレゼンの時などに、使っていきたい色です。
ネイビースーツの大人っぽい雰囲気に、明るい印象のオレンジがアクセントになります。
ネクタイピンなど小物も加えて、少し華やかな印象の着こなしもおすすめです。

ネイビースーツに合う、最新のオレンジネクタイ一覧はこちら

イエロー(黄色)

イエローネクタイ
イエローネクタイ

イエロー、黄色は、明るさや楽しいイメージが、素直に伝わる色です。
活発なイメージを持ち、元気な印象を与えることができます。
また協調性のある色と呼ばれ、周りの方が声をかけやすくなる色です。
ネイビースーツとの組み合わせは、色彩学的に、補色の関係性であることから、双方の色を、引き立たせることができます。
黄色が少し派手に感じる方は、ストライプの中に、黄色が差し色で入っているものや、小紋柄に黄色が入っているようなものを、取り入れてみましょう。
それだけで、気分が変わります。
いつもと違った、遊び心のある着こなしを、楽しんでみてはいかがでしょうか?

ネイビースーツに合わせる、最新のイエローネクタイ一覧はこちら

グレー(灰色)

グレーネクタイ
グレーネクタイ

グレー、灰色は、上品都会的な印象を与えてくれます。
暖色でも寒色にも属さない、中立色、無彩色と呼ばれる色のため、全ての色と合わせることができます。
中立で知性のあるイメージを持つ色のため、ビジネスシーンにおいては、商談など、着実に進めていきたい場面に向いている色です。
決して主張しすぎない色なので、ピッチ幅の広いストライプや、チェックなど、柄が強いものであっても、派手になりすぎることはありません。
カジュアル志向の強い、ポルカドットなどの大柄のドットであっても、フォーマルな雰囲気がでます。
ネイビースーツに合わせると、全体的にシャープな印象になり、「知的さと」「真面目さ」を印象づけることもできます。

ネイビースーツに合わせる、最新のグレーネクタイ一覧はこちら

ブラック(黒)

ブラックネクタイ
ブラックネクタイ

ブラック、黒は、高級感自己主張を強めおしゃれで、大人の色気があるのがブラックの特徴です。
強さ、威厳、自信といったイメージを連想させます。
ネイビースーツにネクタイとベルト、シューズをブラックでまとめた、センターラインで色あわせもできることから、統一感のあるコーディネートを楽しめます。
ブラックの重いイメージも、ドットやチェック、小紋柄で和らげることができるので、非常に遊びがいのある色と言えます。

ネイビースーツに合わせる、最新のブラックネクタイ一覧はこちら

「ネイビースーツに合わせるおすすめネクタイ」いかがでしたでしょうか?
ネイビーのスーツは、「日本人の肌の色を最もきれいに見せてくれる色」とも呼ばれ、ビジネスシーンにはなくてはならない色です。
ご紹介させて頂いた通り、コーディネートの幅が広く、様々な色のネクタイと相性がよい色でもあります。
ネクタイを変えるだけで、印象が大きく変わります。
ビジネスシーンでの、ネイビースーツの着こなしを、楽しんで頂けたら幸いです。

最新のネイビースーツ一覧はこちら

最新のネイビースーツにあうネクタイ一覧はこちら


※画像はイメージです。最新の商品はスーツセレクト公式通販サイトをご覧ください。

スーツセレクト公式通販サイトはこちら