注目キーワード
  1. 結婚式
  2. 就活

好印象な就活女子になるには?おすすめブラウスをご紹介!

レディースリクルートスーツ用ブラウスの全て

リクルートスーツ用のブラウスの選び方について、基本、デザイン、色・柄、サイズ、お役立ち情報、必要枚数、購入方法などについてご紹介をします。

リクルートスーツ用ブラウスの選び方の基本

就活時のブラウスは、デザインやサイズによって面接官に与える印象が変化します。そのため、最適なデザイン・サイズの選び方がとても重要です。面接時に良い印象を与えるために、最適なブラウスの選び方・着こなし方を身につけましょう。

はじめに、リクルートスーツ用ブラウスの選び方の基本を、ポイントでご紹介します。

デザインはレギュラーカラー、またはスキッパーカラーのシャツ

〇色は白の無地が最適

〇店舗で採寸してもらい、自分にあったサイズ選びが重要

〇リクルートスーツとセットで試着

〇就活用ブラウスは3枚~4枚用意しておくと安心

〇シミ・汚れが付きやすいので、こまめにクリーニングへ

〇まずは店舗で試着・購入して、オンラインストアを活用するのもおすすめ

リクルートスーツ用ブラウスのデザインの選び方

リクルートスーツ用ブラウスには、襟などのデザインの選び方が重要なポイント。ここでは、就活に最適なブラウスのデザインを解説します。

レギュラーカラーはどの業界でもOK

就活時に、まずおすすめなのがレギュラーカラーシャツです。レギュラーカラーシャツとは、首もとに第一ボタンがあるデザインのワイシャツです。

レギュラーカラーシャツは、真面目で清潔感のある印象を与えるので、金融・公務員など堅い業界から柔軟な業界まで、幅広く対応できます。

レギュラーカラーのシャツを選ぶポイントは、まずショップスタッフに首まわりのサイズを測ってもらうこと。レギュラーカラーシャツは、必ず第一ボタンまで留めるので、首まわりがきついと窮屈な印象を与えてしまいます。まずは自分の首まわりのサイズを把握しましょう。

また、ワイシャツとリクルートスーツのVゾーンも重要です。このVゾーンが広すぎると、だらしない印象を与えてしまいます。ブラウスを購入するときに、リクルートスーツと一緒に試着して、ショップスタッフにVゾーンのバランスを相談してみましょう。

スキッパーカラーも人気

スキッパーカラーシャツとは、襟元に第一ボタンがない、襟をジャケットの外側に出すシャツのデザイン。

スキッパーカラーのシャツは首が締め付けられず開放感があるので、窮屈さを感じさせない着心地です。レギュラーカラーのシャツと比べると、軽快で明るい印象になります。

スキッパーカラーシャツを着るときのポイントは、襟の幅。襟の幅が大きすぎると、派手でだらしない印象につながります。スキッパーシャツの襟の幅は、リクルートスーツ用ジャケットの襟の幅よりも、小さいものを選ぶのがポイント。サイズや、ジャケットとの襟のバランスを確認するためにも、店舗でリクルートスーツとセットで試着して、ショップスタッフに相談することをおすすめします。

ブラウスの中には、胸元にギャザーが付いているデザインや、襟などにフリルがあるデザインがあります。これらのデザインは華やかで女性らしい印象を演出できますが、カジュアル性が強いため就活時には避けましょう。

カットソー

カットソーとは、襟やボタンがなく、首まわりが開いたTシャツのようなデザインのものです。通常の就活には不向きですが、美容やアパレルなど一部の職種や業界では着用するケースもあります。カットソーを着る場合は、就職を希望する企業イメージに合うか、事前にチェックしておくことが重要です。

デザインの選び方まとめ

〇襟元のデザインは、レギュラーカラーかスキッパーカラー

〇ギャザー、フリルなどの装飾な不向き

〇カットソーは、美容やアパレルなど一部の業界のみOK

リクルートスーツ用ブラウスの色・柄の選び方

リクルートスーツ用ブラウスの色は、定番の白やブルーやピンク、ベージュ色も売られています。中には、ストライプや柄のあるタイプも。そこで、就活時に最適な色と柄の選び方について解説します。

就活時のシャツは白色が最適

リクルートスーツ用のブラウスは白色が最適。白のブラウスは、金融など堅い業界から、IT・ベンチャーなど柔軟な業界まで、すべての業界に対応できます。まずは迷わず白色のブラウスを選びましょう。

ブルーやピンクはNG?

リクルートスーツ用シャツには、薄いピンク・ブルー・ベージュなど、色付きのシャツもあります。

カラー別の与える印象

〇ピンクのシャツ:華やか・柔らかな雰囲気・女性らしさ

〇薄いブルーのシャツ:知的・真面目さ

〇薄いベージュのシャツ:誠実・真面目

一般的な就活では白色のシャツを選ぶのが無難ですが、一部の業界・企業では薄い色のシャツも着用できる場合もあります。面接する企業のイメージにマッチするか、事前にチェックしておきましょう。

ストライプなどの柄はOK?

ストライプなどの柄があるシャツもありますが、カジュアルなデザインなので、就活時に柄物のシャツは避けましょう。リクルートスーツ用シャツは、柄のない無地のシャツが最適です。

色・柄の選び方まとめ

〇シャツの色は、白が最適。一部の業界では薄いピンクなどの色付シャツも可。

〇ストライプなどの柄はNG。

リクルートスーツ用ブラウスのサイズの選び方

リクルートスーツ用のブラウスは、サイズ選びもとても重要。ブラウスのシルエットによって、面接官に与える印象は大きく変化します。ここでは、ブラウスの最適なサイズの選び方を解説します。

肩幅

ブラウスの肩幅と、自分の肩幅をぴったりと合わせるのがポイント。ブラウスの肩幅が小さいと窮屈になり、大きいとだらしない印象を与えます。

背幅

背中の両脇下に少しゆとりができるサイズがベスト。背幅がきついと下着の線が見えてしまいます。

バスト

バストのサイズ選びも重要なポイント。目安はトップバストのサイズから+10cmのサイズを選びましょう。バストサイズが大きすぎると、ボタンの間からインナーが見えてしまい、きついと下着の柄が透けて窮屈な印象を与えます。

袖丈

ブラウスの袖丈のポイントは、ジャケットからブラウスの袖が見えないこと。ブラウスを試着したときに腕をおろして、手首のあたりにくる袖丈が目安です。

ジャケットとのバランスが大切なので、ジャケットとブラウスをセットで試着してみましょう。

裾丈

裾丈が短すぎると、座ったときにパンツやスカートから裾がはみ出てしまいます。裾が出てしまうと、だらしない印象を与えてしまうため、動いても裾がはみ出ない裾丈を選びましょう。

リクルートスーツ用ブラウスの大切なポイント

リクルートスーツ用ブラウスの選び方・着こなし方には、デザインや色の他にも重要なポイントがあります。

スタッフに採寸してもらう

自分にぴったりのサイズを選ぶために、まずは自分の体のサイズを把握することが大切です。店舗でスタッフに首まわり・肩幅・バスト・袖丈・裾丈など、シャツを選ぶために必要なサイズを採寸してもらいましょう。一度、サイズを測ってもらうと、最適なシルエットのシャツを見つけやすくなり、その後のシャツ選びで余分な手間や時間を省けるので、とても効率的です。

リクルートスーツとセットで試着

リクルートスーツ用ブラウスを選ぶときは、店舗で必ず試着してサイズをチェックしましょう。そのときに、リクルートスーツと一緒に試着するのがポイント。ジャケットからブラウスの袖が見えないか、裾が短すぎないか、ジャケットの襟よりもスキッパーシャツの襟幅が大きくないか、などもチェック。自分だけでは確認しづらいため、ショップスタッフにサイズやバランスを見てもらい、アドバイスをもらいましょう。

リクルートスーツ用ブラウスを試着できるお近くの店舗はこちら

形状安定シャツ

リクルートスーツ用のシャツは、形状安定のノンアイロンシャツがおすすめ。形状安定シャツは、アイロンでシワを伸ばしやすくて、着用していてもシワが付きにくいのがメリットです。

クリーニング

就活時に最適な白無地のブラウスは、汚れが目立ちやすいので注意が必要です。気づかないうちに、食べ物のシミ、袖や襟もとの汚れ、首まわりのファンデーションなどの汚れやシミが付着していることも。汚れに気づいたら、早めにクリーニングに出すことをおすすめします。

リクルートスーツ用ブラウスは何着必要?

ブラウスに汚れ・シミが付着するのを防ぐためには、着用するたびに洗うことが重要です。そのため、面接が連日続く場合は、1枚のブラウスでは足りません。ブラウスを洗濯やクリーニングに出している間も対応できるよう、3~4着ほど就活用ブラウスを用意しておくと安心です

リクルートスーツ用ブラウスの購入方法と価格帯

リクルートスーツ用のブラウスを購入する方法には、ワイシャツ専門・量販店・スーツショップなどの店頭と、ネット通販の2つの方法があります。それぞれの購入方法の特徴と、価格帯をチェックしてみましょう。

店頭での購入と価格帯

リクルートスーツ用ブラウスを店頭で購入できる場所は、ワイシャツ専門店・量販店・スーツショップなどがあります。

  • ワイシャツ専門店
    ワイシャツ専門店では、豊富なデザインや素材から選ぶことができます。また、シャツに詳しいスタッフが多いのも特徴です。価格帯は、7千円前後のシャツが多く売られています。
    ワイシャツ専門店にはリクルートスーツが売られていないため、ブラウスを試着する場合はリクルートスーツをあらかじめ購入して、持ち込む必要があります。
  • 量販店
    衣料・生活雑貨などの量販店では、2千円前後の低価格帯ブラウスが多く並んでいます。価格が安い分、シャツの素材や縫製などの品質は、スーツショップや専門店ほど高くありません。また、サイズ採寸や試着ができない店舗も多いため注意が必要です。
  • スーツショップ
    スーツショップでは、豊富なデザインからシャツを選ぶことができます。価格帯は4千円前後で品質のよいブランスを購入できます。
    スーツショップでブラウスを購入するメリットは、リクルートスーツと一緒に試着できること。就活に必要なアイテムをまとめてコーディネートできるので便利で安心です。また、就活用のコーディネートに詳しいスタッフと相談できるのもポイント。サイズ採寸から基本の選び方、最新の就活ファッションまで、役立つ情報をもらえます。

ネット通販での購入と価格帯

ネット通販のメリットは、数多くの種類や価格帯から選べること。しかし、リクルートスーツ用ブラウスは、自分にぴったりなサイズを選ぶために、試着が必要です。ネット通販では試着ができないので、最初からネット通販で購入するのはおすすめできません。

スーツショップで試着して、自分にぴったりのブラウスを購入したあと、同じデザインを再度購入するときにはオンラインストアが便利です。購入履歴を確認でき、ポイント・クーポンやセールなどオトクが届くので、ぜひ活用してみましょう。

いかがでしたでしょうか?
今回は「好印象な就活女子になるには?おすすめブラウスをご紹介!」と題して、レディースのリクルートスーツに合わせるブラウスをご紹介させて頂きました。
皆さんの、就職活動における服装選びに、少しでも参考になれば幸いです。

レディースリクルートスーツについて知りたい方は、こちらからご覧ください。

※画像はイメージです。最新の商品はスーツセレクト公式通販サイトをご覧ください。