注目キーワード
  1. 結婚式
  2. 就活

メンズリクルートスーツに必要なアイテムについて徹底的に紹介します!

メンズリクルートスーツに必要なアイテムの全て

就活を上手に進めるためには、リクルートスーツだけでなく、スーツと合わせるアイテム選びも重要です。
就活に最適なアイテムを選ぶことで、コーディネートに統一感がうまれ、ビシッとした印象を演出できます。
メンズリクルートスーツに欠かせないアイテムについて、本ページでは、ワイシャツ、ネクタイ、コート、シューズ、バッグ、ベルト、その他の小物アイテムの選び方について、ご案内します。

リクルートスーツに合わせるべきワイシャツ

リクルートスーツに合わせるべきワイシャツのポイント

  • 色・柄:白い無地のシャツ
  • 襟の形:レギュラーカラーorセミワイドカラー
  • 首まわり:シャツの第一ボタンを締めたときに、首とシャツの間に指一本分余裕があるサイズ
  • 肩幅:シャツの肩ラインと、自分の肩幅をぴったりと合わせるのがポイント
  • 胸囲:スリム過ぎず、若干の余裕があるサイズ
  • 袖丈:スーツのジャケットの袖から、1~1.5cmほど出る長さ
  • シワになりにくい形態安定シャツがおすすめ
  • シミや首・袖口まわりの黄ばみに注意

リクルートスーツに合わせるべきワイシャツといえば、白い無地のシャツです。
襟の形は、レギュラーカラーやセミワイドカラーが定番です。
ワイシャツを選ぶときには、まずスーツ専門店で採寸してもらい、自分にぴったりのサイズを把握することがポイントです。
サイズが大きいと、だらしのない印象を与えてしまいます。
また、サイズが小さいと窮屈そうで、せっかくのスーツ姿が台無しになってしまいます。
そのため、首まわり・肩幅・胸囲・袖丈などの正確なサイズを把握することが、最適なシャツ選びには欠かせません。
特に首まわりのサイズと、袖丈のサイズは、外からの見た目に直接影響するため、注意しましょう。

最近では、形態安定の、ノンアイロンシャツが多く売られています。
形態安定タイプのシャツは、アイロンでシワを伸ばしやすくて、着用していてもシワが付きにくいのでおすすめです。

白いシャツは、シミ・汚れや、首・袖口まわりの黄ばみが目立ちやすいので、着用後は早めに洗濯、またはクリーニングに出しましょう。
連日の説明会や面接に備え、ワイシャツを3枚~4枚ほど用意しておくと安心です。

・リクルートスーツ用のおすすめのレギュラーカラーワイシャツはこちら

・リクルートスーツ用のおすすめのセミワイドカラーワイシャツはこちら

・リクルートスーツに最適なワイシャツについて、さらに詳しく知りたい方はこちら

リクルートスーツに合わせるべきネクタイ

リクルートスーツに合わせるべきネクタイのポイント

  • 色:紺・青、グレー、赤・エンジなど
  • 柄:無地、レジメンタルストライプ、チェック、小紋柄などが定番
  • 面接する業界にあわせて、ネクタイの色・柄を選ぶのがポイント
  • 素材:シルク100%がおすすめ
  • 剣幅:剣の幅が7~8cmのオーソドックスな太さ
  • 結び方:さまざまなシーンに対応できるプレーンノットが最適
  • ネクタイピンは付けなくても大丈夫
  • シワにならないよう保管

リクルートスーツに合わせるネクタイによって、面接官に与える印象が変化します。
そのため、どのようなネクタイを選ぶべきか悩んでしまいますね。
就活用のネクタイの色は紺・青やグレーなど、派手すぎず落ち着いた色が最適です。
柄は、無地やレジメンタルストライプ、チェック、ドット、小紋柄などが一般的です。
ストライプやチェックの線は細め、ドットや小紋などの柄は小さめを選ぶのがポイントです。
自分が面接を希望する業界・企業のイメージにあった、ネクタイの色・柄を選ぶのもよいでしょう。
ネクタイの結び方は、まずはプレーンノットを覚えると便利です。
就活やビジネスシーンから冠婚葬祭まで、幅広いシーンに対応できるので、覚えておいて損はありません。
ネクタイはシワになりやすいので、着用後はネクタイハンガーにかけるか、渦巻き状に丸めて収納しましょう。

・リクルートスーツにおすすめのネクタイ一覧はこちら

・リクルートスーツに最適な、ネクタイの結び方をさらに詳しく知りたい方はこちら

・リクルートスーツに最適なネクタイについて、さらに詳しく知りたい方はこちら

リクルートスーツに合わせるべきコート

リクルートスーツに合わせるべきコートのポイント

  • 色:どのような業界にも対応できる黒色がおすすめ
  • デザイン:シンプルなステンカラーコート、トレンチコートが定番
  • 着丈:スーツのジャケットよりも長い丈
  • 素材:コットン、ウール、ナイロン、ポリエステルなどが一般的
  • 試着はリクルートスーツのジャケットの上から
  • コートの着脱は、訪問する建物の外で

冬場の就活に、コートは欠かせないアイテムです。
リクルートスーツに合わせるコートは、黒色のステンカラーコートやトレンチコートが定番です。
装飾がなく、落ち着いたデザインを選びましょう。
着丈は、スーツ・ジャケットより長いものを選びましょう。
あまり長すぎると、動きずらくなるため、長くても、膝上ぐらいのものを選びましょう。
就活用コートを選ぶときには、正確なサイズを確認するために、普段着ではなく、リクルートスーツの上から試着して、着丈や肩幅、身幅などのサイズをチェックしましょう。
面接や説明会に訪問するときには、建物に入る前に、コートやマフラーを脱いでおきましょう。
帰る時も、建物の外に出てから、コートを着用するのが一般的です。
着脱可能ライナー付きのコートなら、冬季に加えて、春・秋の少し肌寒い季節にも対応できるので便利です。

・リクルートスーツにおすすめのコート一覧はこちら

・リクルートスーツに最適なコートについて、さらに詳しく知りたい方はこちら

リクルートスーツに合わせるべきバッグ

リクルートスーツに合わせるべきバッグのポイント

  • 色:素材、ステッチも黒
  • デザイン:装飾が少なくシンプルな無地のブリーフバッグ
  • 素材:ナイロンや皮革(天然・合皮)など
  • サイズ:A4サイズが入るサイズ
  • 床に置いたときに自立するタイプがおすすめ
  • 軽量、防水などの機能性があるとさらに◎

リクルートスーツに合わせるバッグは、デザインと実用性が重要です。
デザインは、黒無地のブリーフバッグが良いでしょう。
トートバッグやバックパック(リュック)は、カジュアルなデザインなので、就活には不向きです。
素材は、牛革などの天然皮革でなくても構いません。
最近は、軽量・防水性のナイロン素材も人気です。
ただし、キャンバス生地などカジュアルな素材は避けましょう。

バッグの底の鋲

また、床に置いたときに、自立するタイプのバッグを選ぶのがポイントです。
底に鋲(びょう)があるバッグは、床に置いた時に安定しやすく、汚れが付くのを防ぐ効果もあるので、おすすめです。

サイズは、履歴書やA4サイズの資料を折り曲げず、スムーズに収納できるサイズを選ぶと良いでしょう。

・リクルートスーツにおすすめのバッグ一覧はこちら

・リクルートスーツに最適なバッグについて、さらに詳しく知りたい方はこちら

リクルートスーツに合わせるべき靴

  • 色:皮・ステッチともに黒色
  • 素材:天然皮革が最適
  • デザイン:ストレートチップ、Uチップ、プレーントゥなどの紐靴が一般的
  • 羽根:靴紐を通す羽根の部分は、内羽根が最もフォーマル
  • 紐の結び方:紐の通し方は「シングル」、結び方は「ベルルッティ結び」がおすすめ
  • 必ず試し履きして、縦サイズ(cm)と幅サイズ(E)を確認すること
  • 適切なメンテナンス、保存方法で長く愛用できる

スーツに合わせる革靴は、さまざまなデザインがあるので、どれを選ぶべきか悩んでしまいますね。
リクルートスーツに合わせる革靴は、オーソドックスな黒色の天然皮革の革靴が最適です。
つま先のデザインはストレートチップ、甲のデザインは内羽根タイプの革靴が、最もフォーマルで、どの業界にも対応できます。
革靴を美しく見せるためには、正しい靴紐の通し方・結び方が欠かせません。「シングル」という方法で羽根に紐を通し、「ベルルッティ結び」で結ぶと、解けにくく、美しい見た目に仕上がります。

靴紐の通し方 シングル

靴紐の結び方 シングル

※注釈:リーガル靴紐の通し方と結び方の図より。

革靴のソールは、主にラバーソールとレザーソールの2種類あります。
ラバーソールのメリットは、長時間歩いても疲れにくく、雨でも滑りにくいところにあります。
レザーソールは 高級感があり、通気性に優れています。
シーンによって使い分けてみてはいかがでしょうか。

左ラバーソール、右レザーソール

リクルートスーツ用の革靴を選ぶときには、店頭で試し履きして、フィット感を確認することが重要です。
試し履きの際には、カジュアルな靴下ではなく、スーツ用の靴下を着用して、実際のフィット感をチェックしましょう。
ぴったりのサイズを選ぶことで靴擦れを防ぎ、疲れにくく快適な履き心地を維持できます。

革靴は、汚れや湿気が苦手なので、履いた後のメンテナンスや、適切な保存方法が重要です。
ブラッシングで汚れを落とし、靴用クリームで皮革に栄養をあたえ、湿気を防いで保存することで、お気に入りの革靴を長く愛用できます。

シューケアグッズはこちら

リクルートスーツにおすすめの革靴一覧はこちら

リクルートスーツに合わせるべきベルト

リクルートスーツに合わせるべきベルトのポイント

  • 色:皮革、ステッチともに
  • 柄:無地のもの。メッシュ、パンチングレザー、模様入りのものは避ける
  • 素材:天然皮革などのレザー素材
  • 幅:パンツのベルトループより若干小さめの幅
  • 長さ:真ん中のベルト穴がぴったりのサイズ※調整できるものを選ぶ
  • バックル:シルバーの四角型。※シンプルなデザイン

リクルートスーツに合わせるベルトは、ジャケットを着ているとあまり目立ちませんが、就活に最適なデザインのベルトを選ぶことで、統一感のある見た目を演出できる重要なアイテムです。
就活時には、シンプルな黒レザーのベルトが最適です。
表面に柄や凹凸がない、落ち着いたデザインのベルトを選びましょう。

長さの目安は、自分のウエストと、真ん中のベルト穴がぴったりあうサイズを選びましょう。
長さを調整できるタイプもありますので、余分な長さはカットして調整しましょう。

バックル(金具の部分)のデザインは、シルバーの四角型のものを。シンプルで、装飾がないデザインがおすすめです。

リクルートスーツにおすすめのベルトはこちら

リクルートスーツに合わせるべき小物(関連)アイテム

リクルートスーツに合わせるべき小物(関連)アイテムのポイント

  • 靴下:黒無地、紺無地のスーツ用靴下
  • ハンカチ:落ち着いた色・デザイン
  • インナー:白無地、スキンベージュ

リクルートスーツに合わせる小物(関連)アイテムも重要なポイントです。
特に、スーツに合わせる靴下は、必ず面接官の目に映ります。
カジュアルな靴下ではなく、スーツ用の黒無地、もしくは紺無地を用意しましょう。
ハンカチも、ハンドタオルなどではなく、スーツ用のハンカチを用意しておくことが重要です。
落ち着いた色・デザインの紳士用ハンカチを選びましょう。
ワイシャツの下に着用するインナーは、直接は見えませんが、柄・プリントがあると、ワイシャツから透けて見え、とても目立ってしまいます。
インナーは必ず白無地や、スキンベージュなどのシンプルなものを、着用しましょう。

最新の靴下一覧はこちら

最新のハンカチ一覧はこちら

最新のインナー一覧はこちら

お買い得リクルートアイテム特集

就活POP

スーツセレクトでは、就活生におすすめのリクルートスーツに合わせる小物・関連アイテムが充実しています!
就活×SUIT SELECTと題して、就活応援リクルートキャンペーンを開催中です。
最新のリクルートアイテムを、お得にお買い求めいただけます。
メールマガジン・アプリの登録をして頂ければ、当日からご利用頂けます。

スーツセレクトのメールマガジン登録はこちら

スーツセレクト公式アプリの登録はこちら

全国のスーツセレクト店舗一覧はこちら

リクルート関連コンテンツご紹介

スーツセレクトでは、就職活動をする学生さんを応援すべく、お役立ちコンテンツを多数ご用意しております。
是非一度ご覧になってみてください。

※画像はイメージです。 最新の商品はスーツセレクト公式通販サイトをご覧ください。

スーツセレクト公式通販サイトはこちら