注目キーワード
  1. 結婚式
  2. 就活

お洒落な若者がスリーピーススーツを選ぶ理由

お洒落な若者がスリーピーススーツを選ぶ理由

最近、街中で見かけることの多くなったスリーピーススーツ。
スーツのクラシックスタイルとして愛されてきたスリーピーススーツ。
2019年、そのスリーピーススーツに変化が見られます。
その変化とは「若い世代のスリーピーススーツ着用者が増えている」ということです。
スリーピーツスーツは何故、若者に支持されているのでしょうか?
ここではそんなスリーピーススーツの、若者を引きつける魅力について迫ります。
早速「お洒落な若者がスリーピーススーツを選ぶ理由!」を順番に見ていきましょう!

早速最新のスリーピーススーツをご覧になりたい方はこちら

お洒落な若者がスリーピーススーツを選ぶ理由

1.「クラシック回帰」でブリティッシュトラッドが再燃

2.デキる男に見える

(1)落ち着いた印象

(2)Vゾーンの立体感

(3)脚長効果

(4)ジャケットを脱いでもだらしなく見えない

3.着こなしの幅が広い

4.着用期間が長い(秋冬もコート不要!?)

5.若者がスリーピーススーツを着用する時の注意事項

(1)【営業】初めて会う方との商談では避けた方が無難

(2)【就活】ファッション系の就職活動以外は避けた方が無難

(3)【冠婚葬祭】

(4)【初めてのスリーピース】自分で選ばない

6.まとめ

7.【スリーピーススーツ】関連記事一覧

1.「クラシック回帰」でブリティッシュトラッドが再燃

近年人気のスリーピーススーツ。
その名の通り「三つ揃い」のスーツで、スーツ(ジャケットとパンツ)と共生地のベストを一緒に着るスタイルのスーツのことを指します。
「オヤジ臭い」「偉そう」「仕事で着るのはキメ過ぎ」と思われて、街中で見かけることが少ない時期もありました。
しかし2019年現在、スーツのクラシック回帰が注目され、若者を中心にベストを着るスリーピーススタイルが再燃しています。
「デキる男に見える」「カッコいい」といった好印象のイメージから、仕事服で取り入れられる人も増えてきました。

そもそもスーツの下には、ベストを着ることが当たり前の時代もありました。
その歴史は古く、17世紀のイギリスとされています。
当時の国王であるチャールズ2世が出した「衣服改革宣言」によって、服装の統一化を図る為に提唱した、ベスト付きのスリーピーススーツが、その発端とされています。
このスタイルが今でもイギリスの伝統的なスタイルとして継承されております。「クラシック回帰」と呼ばれる、昔ながらのスタイルを現代的に着こなすのがトレンドである現在、このブリティッシュトラッドなスリーピースの着こなしがより一層、注目されているのです。

~豆知識~
スーツ(ジャケット、パンツ)に別の色柄、素材のベストを組み合わさせた場合、それは一見スリーピーススーツのように見えますが、ジャケット・ベスト・パンツが同じ生地でなければ、本来「スリーピーススーツ」とは呼びません。

2.デキる男に見える

ライトグレーソリッドスリーピーススーツに白シャツ、ネイビーのソリッドタイ

先述した通りスリーピーススーツには「デキる男」に見えるという効果があります。
では何故スリーピーススーツには「デキる男」に見える効果があるのでしょうか?
解説していきます。

(1)落ち着いた印象

スリーピーススタイルからは、どこか「落ち着き」が感じられます。
それはベストを着たスリーピーススーツが、スーツの原点だからなのかもしれません。
落ち着いた印象を演出できるので、実年齢よりも良い意味で大人に見えます。
プロジェクトでのリーダーを任されたり、プレゼンの場などにおいて、その落ち着きは効果を発揮します。

(2)Vゾーンの立体感

体の中心部であるVゾーンに、ベストが加わることによって立体感が生まれます。
レイヤード(重ね着)の視覚的効果による立体感です。
Vゾーンの胸元がポイントになります。

またベストを着ることでネクタイやワイシャツの柄の見える範囲が狭まるので、柄×柄のコーディネートをしても、しつこくならず、まとまった印象に見えるという効果もあります。

(3)脚長効果

「脚長効果」もベストを着ることによって得られるメリットの一つです。
ベストとジャケットの丈の長さの差異から生まれる視覚的効果で、腰の位置が高く見え、脚を長く見せることができます。

(4)ジャケットを脱いでもだらしなく見えない

ベストを着る一番の理由が、「ジャケットを脱いでもだらしなく見えない」からという方も多いと思います。
だらしない印象は、ワイシャツのタルミ(あまり)から発生します。
ジャケットを脱いだ時にはワイシャツのタルミ(あまり)が目立ちやすいのですが、ベストを着るとカバーすることができます。
夏場のビジネスシーン、セレモニーシーンなどにおいて、ベストを中に着ているだけで上着を脱いでも「様になります」

~豆知識~
従来ワイシャツは、ジャケットの下に着る「下着」であり、ワイシャツ一枚で人前に出るのはマナー違反とされています。
しかしながら日本を含めアジア諸国の湿度の高い国においては、オフィシャルな場であっても、ワイシャツ一枚のスタイルでも問題ないとされています。
※欧米においては、オフィシャルな場でのワイシャツ一枚の格好はNGなため、気をつけましょう。

以上4つのことが、スリーピーススーツ=「デキる男に見える」理由になります。
スリーピーススーツを着るだけで「デキる男に見える」。
これだけでスリーピーススーツを着たくなりませんか。
是非お試しください。

最新のスリーピーススーツ一覧はこちら

3.着こなしの幅が広い

続いての「お洒落な若者がスリーピーススーツを選ぶ理由」は 、「着こなしの幅が広い」ということです。
ベストを着たスリーピーススタイルは、先程もお伝えさせていただいた通り、スーツのクラシックスタイルであり、本来の姿です。
それ故、ビジネスでは勿論のこと結婚式やパーティなどのフォーマルなシーンでも着用することができます。
ビジネスシーンでのスリーピーススタイルにおいては、「ベストはやりすぎだな…」と感じる方でも、結婚式では抵抗なくお召しいただけるのではないでしょうか?
現に私が勤めるスーツセレクトに来られるお客様においては、ブラックやネイビー、グレーなどのシンプルな色柄のスリーピーススーツを、仕事用と結婚式用の兼用で購入される方が非常に多く見られます。
スーツセレクトでは仕事用と結婚式用の兼用でお使いいただける、スリーピーススーツを数多く取り揃えております。
是非一度ご覧ください。

スーツセレクトの新作のスリーピーススーツ一覧はこちら

4.着用期間が長い(秋冬もコート不要!?)

続いての 「お洒落な若者がスリーピーススーツを選ぶ理由」は 、「着用期間が長い」ということです。
着脱が容易なベストを1枚挟んで着ることにより、簡単に体温調節することができます。
体温調節ができる=着用期間が長い。
といえるのではないでしょうか。
季節の変わり目にも活躍します。
冷暖房対策にも便利です。

上着であるジャケットとシャツの間にもう一枚着るということは、冬場ではそれだけで防寒効果を得られます。
紡毛と呼ばれる、起毛系のスーツであればコートが不要なぐらい暖かく感じます。
「着用期間が長い」ということは、スーツの手持ち在庫が少なくてすみ、出費が抑えられるということです。
そういったことも若者に支持されている理由の一つではないでしょうか。

5.若者がスリーピーススーツを着用する時の注意事項

ここまで 「お洒落な若者がスリーピーススーツを選ぶ理由」
1.「クラシック回帰でブリティッシュトラッドが再燃
2.デキる男に見える
3.着こなしの幅が広い
4.着用期間が長い(秋もコート不要!?)
という4つの内容をお伝えさせていただきました。

最後にお伝えさせていただくのが

「若者がスリーピーススーツを着用する時の注意事項」です。

自分本位のお洒落では、仕事着としては成立しません。
「若いかから大丈夫・・・」と考えるのではなく、「若いからこそ」と考えましょう。
ただお洒落なだけでなく、ルール・マナーを守ることで、周りからの信頼を得ることができます。
では順に見ていきましょう。
シーン毎に注意事項を挙げていきます。

(1)【営業】初めて会う方との商談では避けた方が無難

ダークネイビースリーピーススーツにダークネイビーシャツにグリーンのチェックのネクタイ、ネイビーのブリーフバッグ

服装に対する考え方や文化は、世代や会社によって様々です。
格式が高いというイメージから、スリーピーススーツ=フォーマルと捉えている人もいるかもしれませんし、目上の人(立場のある人)が着るというイメージを持たれている方もいらっしゃると思います。
そのような方からすれば、若い世代がスリーピーススーツを着ていると、偉そうに見えてしまうかもしれません。
よってお取引先の方や、初めてのお客様と会う場面では、スリーピーススーツは避けた方が無難です。
相手方の服装に対する考え方、TPOを配慮し、状況を見た上でスリーピーススーツを取り入れていきましょう。

最新のスリーピーススーツ一覧はこちら

(2)【就活】ファッション系の就職活動以外は避けた方が無難

リクルートスーツに白のレギュラーカラーシャツにネイビーのレジメンタルタイ。
就職活動の面接風景

スーツのクラシックスタイルのため、就職活動にスリーピーススーツを着ても問題ないと感じる方もいらっしゃると思います。
しかしながらこれは一般的にはNGです。
面接はお洒落をする場ではありません。
面接官に好印象を与えることが大切です。
面接をされる方は、立場のある上の世代の方が中心です。
その世代の方からすると、スリーピース=上役が着るもの。
といった認識をもたれていることもあります。
学生である就活生が着ていたら「生意気」と捉えられてしまうかもしれません。
就職活動においては、一般的なジャケット、パンツのセットである、ツーピースのスーツの方が無難です。
既にスリーピーススーツを購入された方も、ベストは着用しない方が良いでしょう。
ファッション系の企業での面接であれば、スリーピース=好印象。
を与えることができるかもしれません。
しかしながら、必ず大丈夫という保証はないので、勝手な判断は避けましょう。
OB、OG訪問などでの事前の確認をした上で、判断していきましょう。

最新の就活スーツ(リクルートスーツ)一覧はこちら

「リクルートスーツ」において更に詳しく知りたい方は、こちらの「これできまり!リクルートスーツの全て」を合わせてご覧になってみてください。

(3)【冠婚葬祭】

レディースの黒の礼服に黒の数珠。
合掌

スリーピーススーツは、フォーマルな場面にも適したスーツであるとお伝えしましたが、それは冠婚葬祭の全てのフォーマルシーンにあてはまる訳ではありません。
結婚式やパーティ、成人式といった「冠・婚・祭」には適しておりますが、「葬」であるお葬式(不祝儀)には相応しくありません。
スリーピーススーツはドレスアップした印象になります。
お葬式などの喪に服す場面においては、ドレスアップの要素は必要ないため、避けたほうが無難です。
冬場の寒い時期に、ニットベストを着用する方はいますが、共生地のスリーピーススタイルで参列されている方はほとんどいません。
喪主であっても、通常のジャケット、パンツのツーピースのフォーマル(礼服)を着用する方がほとんどですので、その喪主よりも格式高くなってしまうことは避けましょう。
※喪主の洋礼装における正式な喪服は本来、黒のモーニングです。
その際は上着と共生地のベストを着用します。

最新のフォーマルスーツ一覧はこちら

(4)【初めてのスリーピース】自分で選ばない

スリーピーススーツを着るのが初めてという方は、自分で選ばずに、ショップスタッフに良く相談して決めることをおすすめします。
適正なサイジングや、自分にスリーピーススーツが似合っているかどうかの見た目の印象を知るためにも、ショップスタッフに客観的に見て判断してもらったほうが良いからです。
「スリーピースを着てみたい!」と思った時は、是非ショップまで足を運んでみてください。

全国のスーツセレクトショップ一覧はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。
「お洒落な若者がスリーピーススーツを選ぶ理由」
をお届けしました。
様々なシーンで活躍するスリーピーススーツが、現代の若者に支持されている理由がお分かり頂けたかと思います。
1着あればデキる男に見せる事ができ、ビジネスや結婚式でも活躍するスリーピーススーツ。
現代のビジネスシーンにおいて、取り入れない手はありません。
この記事を読んで、少しでも興味を持たれた方は是非お近くのスーツセレクトへ足を運んでみて下さい。
また全国にある店舗以外にも、オンラインショップでも数多くのスリーピーススーツをご用意しております。
合わせてご覧になってみてください。

一度袖を通してみれば、きっとあなたもスリーピーススーツという伝統的なスーツスタイルの虜になるハズです。

全国のスーツセレクトショップ一覧はこちら

スーツセレクト公式通販サイトの最新のスリーピーススーツ一覧はこちら

【スリーピーススーツ】関連記事一覧

「スリーピーススーツ」について興味を持たれた方は、他の記事も合わせてご覧になってみてください。
奥が深いスリーピーススーツの世界をお楽しみください。

※画像は全てイメージです。最新の商品はスーツセレクト公式通販サイトをご覧ください。