注目キーワード
  1. 結婚式
  2. 就活

結婚式 あなたは手ぶら派?それともバッグ派?

結婚式 あなたは手ぶら派?それともバッグ派?

持たないのが正解?

タキシード

女性はコーディネートに合わせて、フォーマルな小さめのポーチや、ハンドバッグを持っているイメージですが、男性はどうしているのでしょうか?
手ぶらでバッグ無しが、男性の結婚式でのマナーとされていますが、荷物がないというわけではありません。
携帯電話、財布などの貴重品、ハンカチ、袱紗(ふくさ)にいれたご祝儀など、最低限の持ち物が発生します。
スーツのポケットに入れることもできますが、入れすぎてしまうと、スーツのシルエットが崩れてしまいます。
また、スーツの型崩れにも繋がるため、ポケットへの詰め込みすぎはオススメしません。

仕事で使っているビジネスバッグで、結婚式(挙式・披露宴)に参加することはできないのでしょうか?
ビジネスバッグでの挙式の参加はNGです。
皆が椅子のそばに置いていては、結婚式の景観が乱れますし、移動の邪魔になります。
そもそもビジネスバッグや、大きいバッグは、クロークに預けるのが結婚式のマナーになるため、挙式・披露宴会場へは持ち込まないほうが無難です。

以上のことから、結婚式において、男性はバッグを持たないのがマナーであり、正解だといえますが、状況に応じて、バッグは必要だといえるのではないでしょうか。
では男性が持つ、結婚式にふさわしいバッグとはどんなものなのでしょうか?
見ていきましょう。

結婚式にはクラッチバッグ一択!

男性の結婚式のスーツスタイルにオススメのバッグは、クラッチバッグで決まりです!
座った時に膝に収まるサイズのクラッチバッグは、式の邪魔にもなりませんし、身だしなみとして、とてもスマートです。
なにより、持っている姿はとてもオシャレではないでしょうか。
最低限の持ち物をこの中に入れれば、荷物を預けることもないですし、貴重品の管理に悩むこともありません。
クラッチバッグさえ用意しておけば結婚式の荷物・バッグ問題のほとんどが解決できるので、見た目も機能も文句なしの、必須アイテムだといえます。

クラッチバッグとは?

クラッチバッグってそもそもどんなバッグなのでしょうか?
クラッチバッグは、本来女性が結婚式やパーティーなどに出席する際に、使用していたバッグです。
女性のパーティードレスにはポケットがないことが多いため、クラッチバッグに必要最低限の荷物をいれて携帯していました。
クラッチ(clutch)とは「しっかり握る」という意味です。
クラッチバッグは取手がないバッグのため、「しっかり握る」必要があることから、その名が命名されたのではないかと思われます。
最近では女性だけでなく、男性が使用することも多くみられます。
また結婚式、パーティーなどのフォーマルシーンのみならず、カジュアルシーンで使われる方も増えてきております。

〜豆知識〜
セカンドバッグ=クラッチバッグ!?
セカンドバッグとクラッチバッグは基本的に同じものをさします。
セカンドバッグと聞くと、「年配のおじさんが使うもの」というイメージをお持ちの方も多いと思います。
セカンドバッグは1990年代に、ビジネスマンのスーツスタイルに合わせるバッグとして、流行しました。
時代とともにセカンドバッグの流行は廃れていきましたが、2010年頃にクラッチバッグと呼び名が変わり、再流行し、今にいたります。

クラッチバッグの選び方

では結婚式でのクラッチバッグは、どういったものを選べば正解なのでしょうか?
クラッチバッグといっても実に多くの種類があります。
カジュアルなデザインのものは、そもそも結婚式の場に合わないのでNGです。
結婚式というフォーマルシーンに合う、そしてフォーマルスーツに合う、小さくてフォーマルなクラッチバッグを選びましょう。

ブラックのレザークラッチバッグは、スーツによく合います。
手ぶらよりもコーディネートの完成度を上げてくれます。
大きさは、必要最低限のものをいれるだけなので、小ぶりなものを選びましょう。
A4サイズが入るような大きめのクラッチバッグを選ぶ場合は、厚さは薄いものにしましょう。
スマートに見せることがポイントです。
あくまで結婚式では、バッグ無しの手ぶらが前提であるということを忘れずに選んでいきましょう。

オススメのクラッチバッグのデザイン

Basic type

ミニマルでスタンダードなレザークラッチバックは、どんなスタイルとも相性抜群です。
装飾が無いシンプルなデザインのため、コーディネートが紳士的なクラシックなスタイルにも、スタイリッシュなモードスタイルにもよく合います。
初めてクラッチバックを用意するなら、こちらのようなシンプルなデザインがオススメです。
結婚式においては黒が基本ですが、スーツの色や、ネクタイ、ベルト、シューズのセンターラインの配色に合わせて、ネイビーやブラウンなどの色を取り入れても、統一感が生まれ、華やかな印象になります。

Classic type

スナップによる留め具がアクセントのクラッチバッグも、結婚式にはオススメです。
小ぶりでミニマルなタイプのクラッチバックですが、装飾がある分、クラシカルな雰囲気を演出できます。
せっかくの結婚式なので、しっかりと紳士的なイメージを演出したい方にはオススメのデザインです。

Function type

収納に優れたタイプのクラッチバックは、実に機能的で便利です。
区分けされた複数のインポケットは、財布、携帯電話、ご祝儀(袱紗)などをキレイに区分けして、収納することができます。
またフルオープンタイプのため、荷物の出し入れが簡単です。
内側の機能的なデザインとはうってかわって、外側のデザインは実にシンプルです。
こちらのクラッチバッグのように、見た目はシンプルで、スマートかつ、収納抜群なクラッチバッグは、結婚式のみならず、ビジネスシーン、カジュアルシーンと、マルチに活躍します。

最新のクラッチバッグ一覧はこちら

NGなバッグ

結婚式にマストなクラッチバッグですが、選ぶ際には、気をつけておきたい点もいくつかあります。
結婚式の場に、そしてスーツに合うということが、大前提なので、柄の多いもの、ビニール系・布系の素材、派手な色のものは避けましょう。
特にアニマル系の柄はNGです。
殺生をイメージさせるデザインは、結婚式というお祝いの席には、ふさわしくありません。
また強くブランドのロゴが入っている、バッグが主役になるようなクラッチバッグも避けたほうが無難です。
着こなしにもよりますが、バッグだけがういてみえてしまう可能性があるため注意が必要です。
※二次会など、カジュアルな装いな場に、ジャケパンなどのスタイルで出席される場合においては、カジュアル系のバッグでも問題ありません。

荷物が多い場合は・・・

荷物が多い場合はどうしたら良いのでしょうか?
遠方からの、宿泊を伴う結婚式の参加などの際には、荷物が多くなってしまうケースもあると思います。

大きい荷物はクロークに預けましょう。

クロークとは、ホテルなど結婚式会場となる場所の、入口付近にある、お客様の手荷物を預かるところのことです。
ビジネスバッグから、キャリーバッグなどの大きいバッグまで、預かってくれます。
またバッグなどの手荷物だけでなく、冬場はコートなどの衣類も預かってくれます。

預けた後で、結婚式会場と、クロークを行ったり来たりすることのないように、クロークに荷物を預ける前に、必要なものと、そうでないものをきちんと仕分けしておきましょう。
財布などの貴重品は預かってくれないことが多いため、きちんと自分自身で管理しておくことが大切です。

まとめ

男性が結婚式に持っていくバッグについて、ご紹介させていただきました。
いかがでしたでしょうか?
結婚式においては、男性はバッグ無しの手ぶらが、本来のマナーです。
しかしながら、荷物をスーツのポケットに詰め込んでしまい、スーツのシルエットを崩してしまうのは、スマートではありません。
どんな良いスーツ、素敵な着こなしをしていたとしても、台無しになります。
クラッチバッグは結婚式で持つバッグとして最適なバッグです。
必要最低限の荷物を入れることができ、また着こなしにアクセントを与えてくれるアクセサリー的な要素もあります。
結婚式にお呼ばれされた際には、是非クラッチバッグを取り入れてみてください!

スーツセレクトは、北は北海道、南は沖縄、海外はThailandに約200店舗展開している、スーツショップです。
結婚式に出席するための、スーツやコーディネートアイテムを多数取り揃えております。
知識豊富なプロの販売員が、皆様のお買い物をサポートさせて頂きます。
公式通販サイトとともに、お近くのスーツセレクト迄足を運んでみてください。

スーツセレクト店内画像

スーツセレクト公式通販サイトはこちら

全国のスーツセレクト ショップリストはこちら

スーツセレクト公式ブランドサイトはこちら

※画像はイメージです。最新の商品はスーツセレクト公式通販サイトをご覧ください。

結婚式関連コンテンツ一覧

結婚式の服装についての、関連コンテンツ一覧です。
結婚式の服装に迷ったら、是非一度ご覧になってみてください!

※画像はイメージです。最新の商品はスーツセレクト公式通販サイトをご覧ください。