注目キーワード
  1. 結婚式
  2. 就活

【結婚式】見えないところこそ気を配ろう!ス−ツに合わせるベルト選び!

【結婚式】見えないところこそ気を配ろう!スーツに合わせるベルト選び!

友人の結婚式に出席。
スーツ選びから始まって、シャツ、ネクタイ、革靴、靴下、ポケットチーフなどの小物類と、選ぶべきアイテムは沢山あります。
結婚式はフォーマルな場です。
普段着ることの少ないフォーマルな装いだからこそ、小物までしっかりと気を配り、見えないところまでしっかりと着こなしたいものです。
結婚式に出席した時に、着こなしが恥ずかしく見られないよう、細かいところまで気を配れる知識を身につけておきましょう!
ここでは数ある小物類の中でも、見られていないようで、見られている、ベルトについて紹介していきます。
それでは知れば知るほど奥深い、結婚式のスーツに合わせるベルトの世界を見ていきましょう!

早速ベルトを見たい方はこちらをどうぞ↓

最新の結婚式スーツに合わせるオススメのベルト一覧はこちら

ベルトにまで気を配る理由

スーツの着こなしのなかでベルトは体の中心部、調度腰の位置あたりにくるアイテムです。
胸元にくるネクタイやシャツ、足元にくるシューズと同様に、おしゃれに着こなすうえで重要な役割を果たします。
スーツ、シャツ、ネクタイ、シューズを統一感をもって、格好良く着こなすことができていても、ベルト選びを失敗すると、全て台無しになってしまいます。
ベルトは、服装・着こなしのメインとなるアイテムではないですが、全体の印象を決める重要なアイテムです。
せっかくのお祝いごとの結婚式。
ベルトにまでこだわってコーディネートし、万全な服装で出席しましょう。

センターラインの色合わせは着こなしのルール

センターラインと呼ばれる首元のネクタイ、足元の革靴、そして腰回りのベルト。
センターラインにくるネクタイ、革靴、ベルトの色を合わせることは、それだけで統一感がうまれ、スーツの着こなしをまとめてくれます。
特に足元の革靴と、腰回りのベルトの色を合わせることは、着こなしのマナーでありルールです。
革靴とベルトの色が違うだけで、バランスは大きく崩れてしまいます。
おしゃれに着るためにというよりは、着こなしのルールとして、必ず革靴とベルトの色は、合わせる必要があります。
またこれは結婚式のみならず、ビジネスシーンなど、スーツを着てベルトをする、全てのシチュレーションにおいていえることです。
※私服などでのカジュアルな着こなしにおいては、必ずしもベルトと靴の色を合わせる必要はありません。

ベルトの役割

ベルトの役割はパンツのウエストを締めるだけではありません。
本来の役割は、ウエストを締めるというのではなく、腰回りの装飾の役割を担っています。
よってベルトが有るのと無いのではスーツの着こなしが全く異なるものとなります。
目立つアイテムではないからといって、おざなりにするのではなく、知識を持って正しい着こなしを目指しましょう。
ベルトは、シャツとネクタイで合わせた胸元と、足元の革靴の色合わせを関連づけてくれる、スーツコーディネートの「繋ぎ」とも言える役割を果たしてくれてもいるので、十分に気を配りたいアイテムです。
白、黒、グレーなどモノトーンベースの色使いが基本となる結婚式において、少しの気のゆるみが、悪目立ちすることに繋がります。
カジュアルなシーンではなく、ルールのあるフォーマルシーンだからこそ、ベルト選びにも拘っていきましょう。

結婚式でのベルトの選び方

では実際に結婚式ではどういったベルトを選べば良いのでしょうか?
選び方は簡単です。
シューズとベルトの色・素材・質感・テイストを合わせることです。

まず色ですが・・・
基本的な結婚式であれば、シューズは黒になるため、ベルトの色は黒になります。

次に素材ですが・・・
結婚式で着用するシューズの素材は主に牛革になるため、ベルトも牛革を選びましょう。
※牛革以外では、コードバンと呼ばれる馬の臀部(デンブ)を使用したベルトもおすすめです。
見た目は本皮とほとんどかわらない合皮のベルトもありますが、耐久性や質感は本皮にはかないません。
合皮に比べ本皮は高価ですが、長く使うことを考えれば、本皮のほうが経済的だといえます。

次に質感ですが・・・
例えばシューズがパテント(エナメル)やガラスコーティングされている光沢のある黒の革靴であれば、ベルトも同様に光沢のあるものを合わせましょう。
※マットな質感の黒の革靴であれば、ベルトもマットな質感のものを合わせましょう。

最後にテイストですが・・・
シューズが黒の内羽根のプレーントゥやストレートチップなどのフォーマリッシュなデザインであれば、ベルトもフォーマリッシュな雰囲気の、小ぶりのバックル、幅は3cm以下、両端に細いステッチがあり、中央部分に膨らみのあるものを合わせましょう。


このように、シューズと、色・素材・質感・テイストを合わせたベルトを選ぶことが大切です。
ここでは結婚式における黒の革靴を例にして紹介させていただきましたが、二次会などにおいて、茶色の革靴を履く時も同様の考え方で大丈夫です。

☑ベルトの痛みもチェックしておこう!
事前にベルトの状態もチェックしておきましょう。
ベルトを通す穴部分だけでなく、腰の位置にくる箇所も痛みやすいため、結婚式の前に状態をチェックしましょう。

☑ベルトの穴は真ん中で合わせよう!
ベルトの穴が真ん中にくるサイズのベルトを選びましょう。
(カットできるタイプであれば、真ん中にくるように調整しましょう)
真ん中の穴で合わせることが基本であり、最もバランスよく見えます。
体型の変動などで使う穴が内外に一つずれるぐらいは問題ありませんが、二つ以上ずれる場合は、サイズ調整や新しく購入が必要になります。

結婚式にオススメのベルト3選!

※ご紹介するベルトは2019年8月時点でのものになります。在庫切れの場合はご了承ください。

その1 ナロータイプ

黒のベルト

シンプルな黒の革ベルトは必ず1本は持っておきたいものです。
ベルトは結婚式とビジネスの兼用使いでも問題ないですが、
普段ビジネスで使うベルトを結婚式で使う場合は、状態には気を配りましょう。
ベルト以外のスーツ、シャツ、ネクタイ、シューズを新しく購入した場合、ベルトだけが傷んでいるというのは勿体無いです。
結婚式の後に、普段の仕事用として使う分には問題ないので、結婚式の前にはベルトの状態をきちんとチェックし、必要に応じて新しく購入することも検討しましょう。
こちらのベルトは、2.6cm幅のやや細めの、ピンバックルタイプのシンプルなデザインです。
バックルのカラーがマットなブラックシルバーになっており、結婚式の定番であるブラックスーツによく馴染みます。
またカーブベルト仕様という、腰の位置部分が最初から湾曲している形になっており、痛みづらく、長く使うことができます。

こちらのナローベルトの詳細はこちら

その2 リバーシブルタイプ

2WAYのベルトがあることはご存知でしょうか?ベルトの表裏どちらも使える便利なリバーシブルタイプのベルトです。
画像左のベルトは黒とダークブラウンのリバーシブル仕様で、右側は黒とライトブラウンのリバーシブル仕様になっています。
バックルの部分を廻すだけで、色を変えることができます。
靴の色に合わせてベルトの表裏を使い分けることができます。
格式の高い結婚式などで黒の革靴を履く場合は、黒の面を。
友人の結婚式などでダークブラウンの靴を履く場合は、ダークブラウンの面を。
二次会などでライトブラウンの靴を履く場合は、ライトブラウンの面を。
1本あるだけで大活躍します。

黒とダークブラウンのリバーシブルベルト詳細はこちら

黒とライトブラウンのリバーシブルベルト詳細はこちら

その3 サイドパンチングタイプ

黒のベルト

先にもお伝えさせていただいた通り、結婚式においてベルトはシンプルなデザインがベストです。
ベルトに少し遊び心をもたせたい時は、こちらのようなパンチングタイプがおすすめです。
パンチングというのは、「穴あき」のことです。
少しスポーティーな雰囲気になりますが、派手すぎず、さりげないおしゃれを楽しめます。

こちらのサイドパンチングタイプのベルト詳細はこちら

その4 ブラックメッシュレザーベルト

黒のメッシュベルト

二次会やリゾートウエディングにおすすめのベルトが、こちらのブラックメッシュレザーベルトです。
スーツというよりは、ジャケットとパンツが異なる色で着こなす、ジャケパンスタイルに良く合います。
特にブラックのジャケットにグレーのパンツを合わせたモノトーンスタイルとの相性が良いです。
革とはいえメッシュだとカジュアルな印象が強いと思われますが、こちらのメッシュベルトは、幅が2.7cmと細く、また滑らかな手触りのイタリアンレザーを使い、編み込みの目が詰まっているため、メッシュでありながらドレッシーな印象を演出できます。

こちらのブラックメッシュレザーベルトの詳細はこちら

まとめ

いかがだったでしょうか、細かいアイテムながらも、侮れないのが結婚式のベルト選びです。
ベルトの代わりにサスペンダーをするというのも一つですが、主にゲストとして結婚式に出席する場合は、略礼装のブラックスーツやダークスーツが中心です。
その略礼装のスーツに関してはベルトループがついているため、サスペンダーではなくベルトのほうが相応しいといえます。
※モーニングコートやタキシードなどフォーマルシーンにおける礼装の中でも最も格式の高い正礼装を着用する場合には、ベルトループがないものが多いため、サスペンダーをつけましょう。

今回は結婚式のスーツに合わせるベルト選びにおける「ベルトにまで気を配る理由」「センターラインの色合わせは着こなしのルール」「ベルトの役割」「結婚式でのベルトの選び方」「結婚式にオススメのベルト3選!」を紹介させていただきました。

結婚式のスーツに合わせるベルト選びの参考になれば幸いです。

スーツセレクトは、北は北海道、南は沖縄、海外はThailandに約200店舗展開している、スーツショップです。
今回ご紹介したベルトは勿論のこと、結婚式におけるスーツ、シャツ、ネクタイ、シューズ、ポケットチーフ、カフスリンクス、ソックスなど、必要なアイテムを多数取り揃えております。
また知識豊富なプロの販売員が、皆様のお買い物をサポートさせて頂きます。
公式通販サイトとともに、お近くのスーツセレクト迄足を運んでみてください。

スーツセレクト店内画像

スーツセレクト公式通販サイトはこちら

全国のスーツセレクト ショップリストはこちら

スーツセレクト公式ブランドサイトはこちら

※画像はイメージです。最新の商品はスーツセレクト公式通販サイトをご覧ください

【結婚式スーツ】コーディネートアイテム関連コンテンツ一覧

今回の結婚式におけるスーツに合わせるベルトをご紹介させていただきましたが、その他にも結婚式のスーツに合わせるアイテムは数多くあります。
結婚式のスーツに合わせるベスト・シャツ・ネクタイ・靴・ポケットチーフ・バッグ・靴下の特集ページをご用意しております。
是非ご覧になってみてください!

【結婚式】スーツに合わせるベストの特集記事はこちら

【結婚式】スーツに合わせるシャツの特集記事はこちら

【結婚式】スーツに合わせるネクタイの特集記事はこちら

【結婚式】スーツに合わせる靴の特集記事はこちら

【結婚式】スーツに合わせるポケットチーフの特集記事はこちら

【結婚式】スーツに合わせるバッグの特集記事はこちら

【結婚式】スーツに合わせる靴下の特集記事はこちら

※画像はイメージです。最新の商品はスーツセレクト公式通販サイトをご覧ください