注目キーワード
  1. 結婚式
  2. 就活

結婚式に茶色のスーツはNG?

結婚式に茶色のスーツはNG?

最近、ある程度は自由になってきている結婚式での装い。
結婚式のスーツ選びにおいては、ブラックスーツ・ダークスーツ(ダークネイビー・ダークグレー)が定番ですが、茶色、ブラウンはどうでしょうか…?
一見、結婚式で着用するスーツとしては、相応しくないと思われがちな色ですが、 「出席する立場」「結婚式の会場(格式)」「時間帯」「ドレスコードの有無」 によっては、着こなし次第で、着用する事も可能です。
お気に入りのブラウンスーツが眠ってしまっている方も、これから結婚式用のスーツをお選びになる方も是非参考にしてみてください。

結婚式にブラウンスーツはNG?

  1. 基本的には着用できない・・・
  2. 二次会・カジュアルウェディングなら着用出来る場合もある。
  3. 二次会・カジュアルウェディング・リゾートウェディングでのオススメ茶色のスーツの着こなし
  4. まとめ

基本的には、着用できない・・・

最近のビジネスシーンにおいて、職場での服装は、自由度が高くなってきておりますが、冠婚葬祭などのフォーマルの場では、服装・着こなしで注意すべき点が多く存在します。

結婚式に着用するスーツの主流の色は、ブラックです。
結婚式のみならず、お葬式などの不祝儀にも着用できるため、冠婚葬祭兼用での一着をお探しの方は、まずはブラックを揃えることをお勧めします。
次いで、ダーク系のネイビー・グレーなどの、いわゆる「ダークスーツ」と呼ばれるスーツです。
それでは、茶系のベージュやブラウンの色のスーツはどうでしょうか?

結論から言うと、厳粛な格式の高い結婚式の場では「NG」です。

結婚式において、シューズの色が茶色だと「土色」=「外履き」・「普段履き」を連想させてしまう事からNGだと言われているように、やはり茶色系のスーツも「土色」=「普段用・仕事用」といった印象を与えてしまいます。

茶色の革靴

結婚式では招待状に、「平服でお越しください」と記載されている事があります。
この場合の「平服」とは略礼装のことをさし、礼服の代表的な色であるブラックやダークグレー、ダークネイビー等の色合いの事を指しています。

新郎より目立ちすぎる色合いや、派手なストライプ・チェック柄等もNGです。特にはっきりとした、ストライプ柄はどうしても「仕事感」が出てしまうので、一般的には避けたほうがよいといわれておりますが、同じように茶色のスーツも「ビジネス色」が強く出てしまう為、なるべく着用しない方が無難です。

茶色のスーツ

ただ、それはあくまで挙式・披露宴等の「厳粛な場」「格式高い場」でのマナーです。
最近、増えているリゾートウェディングや、レストラン等で開催されるカジュアルウェディング、また二次会においては、必ずしも、あてはまる事ではありません。
次の項目では、茶色のスーツが着用出来る場面を、具体例を挙げて紹介していきます。

二次会・リゾートウェディング・カジュアルウェディングなら着用出来る場合もある。

前項でも少し触れたように、茶色のスーツは、厳粛な格式の高い挙式・披露宴に着ていくのはNGでも、シーンによっては着用できる場合があります。
具体的な例を挙げてご紹介させて頂きます。

シーン1 結婚式の二次会

挙式・披露宴に出席する時の服装ほど、ドレスコードが厳しくない二次会では、茶色のスーツを着用しても問題ない、ケースがおおく見られます。

二次会においての服装は、ホスト側である新郎・新婦からなにも言われてなければ、決まったドレスコードはありません。
ジャケットを着ていれば大丈夫といった程度で、正式な決まりは特にありません。
ただし、仕事の時と同じようなコーディネートをするのではなく、ネクタイを華やかな色合いにしたり、ポケットチーフ等の小物を加えて、ドレスアップした装いにする事を心掛けましょう。
二次会もお祝いの席です。
場に相応しい華やかな装いをしていきましょう。

シーン2 カジュアルウェディング

最近増えてきている、レストラン等で開催されるカジュアルウェディングの席においても、茶色のスーツは問題ないといえます。
ここでも、いくら「カジュアル」といえど、お祝いをする気持ちを表現する為にも、仕事の時とは違い、ドレスアップした装いで出席しましょう。

Attention
新郎とスーツの色が被ってしまうのはNGです。
カジュアルウェディングの場合、新郎もいわゆるフォーマルスーツではなく、少し着崩した着こなしをするケースも見られます。
主役はあくまで新郎です。
良く確認したうえで、着用するスーツを選びましょう。

シーン3 海外でのリゾートウェディング

結婚式と新婚旅行をセットにできることもあり、最近人気の海外でのリゾートウェディング。
リゾートウェディング出席時においても、茶色系のスーツは活躍します。
リゾートウェディングの場においてはむしろ、ブラックスーツ・ダークスーツ等の一般的な略礼装の方が、浮いてしまうこともあります。
新郎が着ることの多い、白以外の色のスーツで、涼し気なリゾート感をだすことを、おすすめします。
また、リゾートウェディングにおいては、スーツの主な素材である、ウール(羊毛)のみならず、より夏らしい、リゾート感のあるコットン(綿)やリネン(麻)素材のスーツもおすすめです。
何故かというと、茶色系の色は、主に夏に使われることの多い、コットン・リネン素材との相性がよいからです。
茶色系の異素材(コットン・リネン)スーツは、エレガントで上品な印象を与えつつも、かしこまり過ぎない印象を演出することができます。
素材の特性上、ウールに比べると、シワになりやすいのですが、ウールの時にできるシワとは違い、シワ=ヴィンテージ感に繋がり、シワ自体も一つのアクセントになります。

その他のweddingシーンにおいても、茶色のスーツを着ることができる場面もあります。(ブラックスーツ・ダークスーツ着用が基本ではありますが)
判断が難しい場合は、ホスト側である、主役の新郎・新婦や、式場に問い合わせてみましょう。
あくまでも主役は新郎・新婦です。
お呼ばれされた側になる、ゲストである参列者は、主役を引き立てる装いをするといった気持ちを忘れずに、その場にふさわしい装いをしましょう。

二次会・カジュアルウェディング・リゾートウェディングでの、おすすめの茶色スーツの着こなし

前項では、茶色のスーツの具体的な着用の場面をご紹介しましたが、
ここではそれぞれの場面に合った、実際におすすめしたい、茶色のスーツの着こなしをご紹介していきたいと思います。

二次会での着こなし

いくら自由度の高い、二次会でも、披露宴からそのまま参加するゲストも多い中、あまり崩し過ぎると、浮いてしまう可能性があります。
そこでおすすめしたいのが、ダークブラウンのスリーピーススーツ、スタイルです。

濃い色のブラウン系でしたらきちんと感がでます。
写真のようにアクセントとなる色を取り入れた、華やかなネクタイを巻くことで、お祝い感も演出できます。

写真にあるような、ライトトーンのベストを挟んで、着こなすのもおしゃれです。

ブラウンのカジュアルさを、都会的なグレーが払拭してくれますし、明るい色を入れる事によって、より華やかな印象に見えますので、セレモニーシーンにふさわしい装いへとアップデートされます。
手持ちに茶系のスーツがある方は是非取り入れてみて下さい。
インナーのベストの着こなし一つで印象が大きく変わります。

最新のブラウン スーツ一覧はこちら

カジュアルウェディングでの着こなし

ここでは、より自由な装いになりますが、やはりやり過ぎは禁物です。
カジュアルでありながら華やかな装い、といった相反する要素が必要になりますが、あまり難しく考えすぎず、普段の仕事とは違う装いをする事を、心掛ければ大丈夫です。
おすすめの着こなしがこちらです。

茶色のスーツ

上品なイメージの明るい茶色のスーツに、パステルカラーで華やかさを加えた着こなしです。
これに普通のネイビーストライプ等のネクタイだと、ビジネス感が強く出てしまいますが、ライトブルーのネクタイを合わせる事によって華やかになり、セレモニーの場に馴染む装いになります。
このようにネクタイを変えるだけでも、ウェディングシーンにあった着こなしになりますので、是非取り入れてみて下さい。

最新のブラウン スーツ一覧はこちら

リゾートウェディング

リゾートウェディングでは、リネンやコットン素材の茶色のスーツを使った「上品かつ大人の」着こなしをご紹介したいと思います。

リネンスーツ

まずは、リネンスーツを、カジュアルテイストのワイシャツでアレンジした、着こなしのご紹介です。
リゾートウェディングではネクタイは無しでもOKなので、このように第一釦を開けても綺麗に見えるカッタウェイカラーのシャツや、ボタンダウンのシャツも有効です。

リネンスーツ

エレガントで上品な着こなしにまとめるなら、写真にあるような、カッタウェイカラーが特におすすめです。

ノータイでもOKとはいえ、首元が寂しいので、写真のようにネッカチーフや、バンダナを巻いても良いですし、鮮やかなカラーリングのストールを巻くなどのアレンジもおすすめです。

涼し気に見えながらも、華やかさをキープしていますね。

また、リゾートウェディングの場合、必ずしもジャケット・パンツ共生地の、いわゆるスーツを着用しなければならない、ということもないので、ジャケットだけを使用してホワイトパンツを合わせる着こなしも楽しめます。

リネンスーツ

イタリア人のような洒落感に、清潔感や、品の良さをMIX。
程よく肩の力が抜けたコーディネートになります。
折角のリゾート地での結婚式であれば、こういったアレンジをして、結婚式のファッションを、楽しんでみてはいかがでしょうか。
初めてリゾートウェディングに参加される方は是非、参考になさってみてください。

最新のブラウン スーツ一覧はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。
結婚式とは無縁と思われていた茶色のスーツでも、シチュレーションによっては着用することができる。
また着こなし次第では立派にドレスアップ出来る事がお分かり頂けたかと思います。

もちろん、基本的には黒の礼服があればどんな場面でも着用出来るので、まだ何も礼服に相当する物をお持ちでない方は、茶色のスーツを選ぶのではなく、ブララックスーツを選ぶのがベストだと思います。
茶色のスーツは、基本の一着をお持ちの上で、セレモニーでの着こなしのバリエーションを増やしたい方におすすめです。
新たにスーツを新調しなくても、インナーコーディネートのアレンジ、十分結婚式・二次会での着用はできます。
※「出席する立場」「結婚式の会場(格式)」「時間帯」「ドレスコードの有無」の確認は忘れずにしてください。

着こなすうえでのポイントは、パステルカラー等の華やかなカラーリングのネクタイを合わせる事と、ベストを取り入れてドレスアップする事です。

茶色のスーツはは近年トレンドである「アースカラー」のコーディネートが簡単に組み立てられますし、スリーピースでカッチリ着こなせれば往年の英国紳士のようにジェントルな雰囲気を醸し出すことが出来る、お洒落なスーツです。
また、カジュアルな装いとの相性が良いので、簡単に着崩す事ができ、オン・オフ問わず活躍するのも魅力的なカラーです。
コーディネートを変えるだけで、様々なシーン・シチュレーションでの着用が可能になります。

今回の内容を読んで、お手持ちの茶色のスーツを、ドレスアップして着てみようと思って頂けたり、これを機にブラウンスーツを手に取って頂ける方が増えるような事があれば、とても嬉しいです。

ハードルが高いと思われがちな茶色のスーツですが、ある程度着こなしが自由になってきている今の時代だからこそ、個性も発揮できる茶色のスーツを是非、今回の着こなし例を見てトライして頂ければと思います。

結婚式のスーツ選びで迷ったら、1人で悩まず、お店の販売員に相談しましょう。
仕事で日常的に着用するスーツを選ぶ時と比べて、結婚式のスーツ選びは、「出席する立場」「結婚式の会場(格式)」「時間帯」「ドレスコードの有無」など、配慮しなければならない事が多くあります。
服装、着こなしのルール・マナーを守った上で、おしゃれを楽しみましょう。

全国にあるスーツセレクトでは、知識豊富なスタッフが皆様のお買い物のお手伝いをさせて頂きます。
結婚式のスーツ選びだけでなく、コーディネートするベスト・ワイシャツ・ネクタイ・革靴・小物に至る迄、ご案内させて頂きます。
不明点は何なりとご相談くださいませ。

全国のスーツセレクト一覧はこちら

お近くにスーツセレクトがない方は、 online shopもありますので一度ご覧になってみてください。

SUIT SELECT online shopはこちら

その他の「プロが教える、結婚式スーツQ&A!」も合わせてご覧になってみてください!

「プロが教える、結婚式スーツQ&A!」はこちら

※画像はイメージです。 最新の商品はスーツセレクト公式通販サイトをご覧ください。