注目キーワード
  1. 結婚式
  2. 就活

冬場の結婚式におけるスーツの着こなしは、季節感がポイント

冬場の結婚式におけるスーツの着こなしは、季節感がポイント

一年を通していつ招待されるか分からない結婚式ですが、季節に合わせたフォーマルスタイルを意識されたことはありますか?
フォーマルはルールやマナーを守る事が前提とされておりますが、招待客は場を盛り上げる役目もあります。
そこには季節に合った着こなしも大きなポイントとして挙げられます。
今回は季節の中でも冬にフォーカスしてスーツの着こなしを見ていきましょう!
冬の必須アイテムコートについても、結婚式に最適なコートとはどんなデザインなのか?
合わせてご紹介させていただきます。

※SUIT LIBRARYでは結婚式の服装に関する様々なコンテンツ(記事)をご用意しております。
合わせてご覧ください。

「結婚式の服装」トップページはこちら

冬場の結婚式のスーツの着こなしは季節感がポイント
目次

1.基本的には季節によって着こなしは変わらない

2.冬の結婚式の必須アイテム、コートの着こなしマナー

・脱ぐタイミングは会場に入ってすぐ。受付の前にクロークに預ける

・色は黒が最もフォーマル

・デザインはチェスターコートが最もフォーマル

3.NGコート

・ダウンコートなどのカジュアルコート

・毛皮やアニマル柄

4.冬の結婚式で活躍するオススメのアイテム

・ベルベット素材のアイテムを選ぶ

 ・スーツ

 ・ジレ(ベスト)

 ・ボウタイ

5.暖色系の色をアクセントとして使い、季節感を演出しよう

 ・レッド

 ・オレンジ

 ・ブラウン

6.まとめ

基本的には季節によって着こなしは変わらない

ブラックフォーマル

今回は春夏秋冬、四季の中でも冬の結婚式の着こなしについて、ご紹介させていただきます。
その前に知っておいていただきたいことが一つあります。
それは・・・
「結婚式において、基本的には季節によって着こなしは変わらない」ということです。

結婚式はお祝いの席であり、あらたまったフォーマルな席です。
季節問わず、出席する際の装いは、上品且つ紳士的である必要があり、そこにはルールがあります。

季節問わず、結婚式における挙式、披露宴、二次会、全てのウエディングシーンにおいて、ゲスト参加者は、主役である新郎新婦の引立て役になります。

ゲスト参加者=主役ではありません。
主役はあくまで新郎新婦です。

そのことを理解し、季節問わず、ルールに沿った着こなしをすることがマナーであるということを、念頭においておきましょう。

しかしながら昨今では、結婚式のドレスコードのカジュアル化・自由化がすすみつつあります。
お洒落に着こなしたい方が増えてきており、ニーズも多種多様です。
受付、祝辞、余興をするなど、人前に立つ役割を仰せつかった場合に、華やかな装いをしたいという声も増えてきております。
そこで今回は、少しアレンジをしたスーツの着こなしと、冬の結婚式に欠かせないコートについて、ご紹介していきます。

冬の結婚式の必須アイテム、コートの着こなしマナー

黒のチェスターコート

では初めに、冬の必需品であるコートについてご紹介させていただきます。
防寒の為に着用されるコートですが、結婚式等フォーマルのシーンではどのようなコートを着て行けば良いのか、ご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実際、デザインや色、素材、そして着こなしのルール、マナーなど、質問が多いのが結婚式のコートです。
それでは早速、結婚式にふさわしいコートの着こなしマナーから、控えるべきNGコートまで、順番にご案内していきます。

脱ぐタイミングは会場に入ってすぐ。受付の前にクロークに預ける。

結婚式会場までコートを着用していき、どのタイミングで脱ぐのが正解でしょうか?

正解は 「会場入ってすぐ」 又は 「会場に入る前」 になります。
会社訪問や、商談で商談先に伺う際も同様ですが、フォーマルシーンでも、アウターなどの防寒具は、会場に入る前に脱ぐのが好ましいと言えます。
コートは室内着ではないため、室内でいつまでも着用しているのは、マナー違反です。
結婚式会場では入口を入るとすぐにクロークが設けられており、脱いだコートは、クロークに預けるのがマナーとなります。
受付前をおこなうまえにコートは預けましょう。
決して式場内に持ち込まないように、注意しましょう。

※クロークとは・・・
クロークとはクロークルームの略称で、クロークは防寒着のことをさします。
よってクロームルームとは、防寒着を置く部屋という意味です。
今ではコート他、キャリーバッグなどの荷物も預かってくれるなど、携帯品の一時預所の役割があります。

コートの色は黒が最もフォーマル

コートの色は黒が基本となりますが、決して黒でなくてはいけないというわけではありません。
ネイビーやチャコールグレーなどの、ダークトーンのコートでも特に問題ありません。
しかしこれから購入を考えている方は、様々なオケージョンで使い易く、合わせ易いうえに、フォーマルとして、ベストなカラーである黒をおすすめします。
御祝事である結婚式に関しては、ネイビーなどのカラーコートでも問題ありませんが、同じフォーマルシーンでも、不祝儀であるお葬式の場合は、「黒」がマストな色のため、黒のコートをお持ちでない方は、一着用意しておくと安心です。

最新のフォーマルコート一覧はこちら

デザインはチェスターコートが最もフォーマル

黒チェスターコート

コートを選ぶ際に、様々な素材・デザインのコートがあり、悩まれる方も多いと思います。
素材はウール、カシミアなどの天然繊維、ポリエステル等の化学繊維など様々です。
またデザインも、バルマカーンコート(ステンカラーコート)、トレンチコート、スタンドカラーコート、ダッフルコート、Pコートなど、実に多くの種類のコートがあります。
それらの中から選ぶ、最も結婚式に適した、フォーマルなコートは、チェスターコートです。

チェスターコート(チェスターフィールドコート)は、正礼装であるフロックコートが基となって作られたコートです。
フォーマルに適していることはもちろん、現在ではカジュアルにも合わせられる万能なコートです。
最も支持率の高いコートのデザインの一つだといえるでしょう。

上品でクラッシックなチェスターコートもあれば、フロント釦を隠す比翼仕立て(フライフロント)や、ウエストに絞りを加えた、シャープでモダンなデザインのものもあります。

最新のチェスターコート一覧はこちら

NGコート

先にもお伝えした通り、結婚式のコートは、黒のウール素材のチェスターコートが最もフォーマルです。
しかしながらコートは、会場に入る前や、入った直後で、脱ぐため、普段ビジネスで着用されている、バルマカーン(ステンカラー)コートや、トレンチコートなどのベーシックなものを着用しても問題ありません。
しかしながらコートであれば、何でも良いということではありません。
NGなコートもあります。
NGに該当するコートが次の二つになります。

フーテッドコート、ダウンコートなどのカジュアルコート

モッズコート

まず一つ目のNGはカジュアルコートになります。
あくまで結婚式は正式な式典になる為、カジュアルな印象を与えるコートは極力避けた方が良いでしょう。
モッズコート、ダウンコート、ダッフルコートなどの、カジュアル色の強いコートは、結婚式の場にふさわしいとは言えないので、注意が必要です。
※ファッションとしては、スーツの上にダウンを着るなど、カジュアルMIXの着こなしも見られますが、結婚式では避けたほうが無難です。

毛皮やアニマル柄

NGコート2つ目は毛皮のコート、ファー付のコートになります。
これらのコートは、動物の殺生をイメージさせるコートになる為、おめでたい席である結婚式のみならず、故人を偲ぶ葬儀も含め、全てのフォーマルのシーンでの着用は厳禁となっています。

冬の結婚式で活躍するオススメのアイテム

ここからは、冬の結婚式で活躍する冬のおすすめのアイテムを紹介させていただきます!
冬という季節を意識し、素材選び、色選びにこだわると、季節感のある着こなしを演出できます。
周りと差がつく着こなしを楽しむことができます。
是非冬ならではの、結婚式の着こなしをお楽しみください。

ベルベット素材のアイテムを選ぶ!

ベルベット生地アップ

まず初めに素材からご紹介になります。
冬をイメージさせる素材と言えば、コーデュロイやベルベットが代表的ですが、コーデュロイはカジュアルなイメージを与える素材の為、結婚式で着用する場合は、二次会からが好ましいでしょう。
対照的に、冬らしさだけでなく、高級感があり、格式を上げた上品な着こなしを楽しみたい方には、ベルベット素材がおすすめです。
ベルベットは別名ビロードと呼ばれています。
上品な光沢と深みのある色合い、滑らかな手触り、また見た目としても温かみのある素材のため、冬の結婚式にピッタリの素材です。

結婚式などパーティーシーン以外でも、身近なアイテムでは、カーテンなどにも使用されています。

次ではベルベット素材を使用した、結婚式におすすめの商品をご紹介します。

ベルベット スーツ

着こなしの主役は、やはりスーツになります。
ベルベット生地のスーツは非常に高級感があり、上品なイメージを演出出来ます。
滑らかな素材感と、美光沢から、色に深みが増します。
派手すぎず、控え目ながらも、程よく主張できます。
また同時に、「冬」を感じさせてくれる為、季節感のある一着として、お召頂けます。
ただ素材に特徴がある為、装飾品を付けてより華やかにしようとすると、逆に上品さを格下げしてしまいがちになります。
ベルベットスーツを着用する場合は、装飾品は控えめにし、素材を主役とした着こなしをしていきましょう。

ベルベット ジレ(ベスト)

おしゃれで高級感のあるベルベット生地のスーツですが、存在感が強く、中々踏み出せない・・・
そんな方には、ベルベット素材の一点使いがおすすめです。

まずはベストです。
ジャケットの中に着るアイテムのため、主張しすぎず、程よくおしゃれを楽しみたい方にはおすすめのアイテムです。

スーツと同系色のベストを着れば、グラデーションコーデで統一感のある着こなしを楽しめます。
またアクセントとなる色を選んでも、ベルベットは上品さのある落ち着いた雰囲気の素材のため、派手になりすぎることはありません。

最新のベスト一覧はこちら

ベルベット ボウタイ(蝶ネクタイ)

ベルベット黒ボウタイ

ボウタイ(蝶ネクタイ)にベルベット素材を使ってもさりげないおしゃれを楽しめます。
着こなしの中で一番目線がいく胸元に、季節素材であるベルベット素材を取り入れると、季節感は勿論、高級感と柔らかな印象を与えることが出来ます。
ボウタイの人気が上がってきている中で、素材にアクセントを入れて周りと差を付けていきましょう。

最新のボウタイ一覧はこちら

暖色系の色をアクセントとして使い、季節感を演出しよう

寒い冬の季節は、暖色系の色を使って、暖かさをイメージさせるコーディネートも有効的です。
寒い冬には、色で見た目のウォーム感を演出してみましょう。
冬の代表カラーとして挙げられるのは、レッド・オレンジ・ブラウンの三色です。
素材だけでなく、色で遊びをいれるのも季節の演出としておすすめです。
見た目のウォーム感だけでなく、着こなしのアクセントにもなりますので、上手く取り入れてみてください。

レッド(赤)

まず、レッド、赤からご案内させていただきます。
赤といっても幅広いバリエーションがあります。
ピンクに近い、鮮やかな蛍光色系の赤であるマゼンダは、ポップで華やかな印象になります。
(画像左)
数ある赤色の中で、冬場におすすめの赤色はボルドーです。
ボルドーはその名の通り、赤ワインの色をさします。
(画像右)
一見落ち着いた印象で、結婚式には向かないように思われるかもしれませんが、
シルク素材のワインカラーは上品な艶から、高級感を演出することができます。
柄はソリッド(無地)やフォーマルな柄であるピンドット(細かいドット)がおすすめです。
同色のポケットチーフを合わせれば、華やかも演出できます。

最新のレッド(赤)のネクタイ一覧はこちら

オレンジ(橙)

次にオレンジ、橙色のご紹介です。
レッドと比較すると、ややカジュアル傾向が強い色のため、カジュアルウエディングや二次会にむいた色です。
オレンジはビタミンカラーとも呼ばれ、元気の出る色です。
明るいトーンのオレンジは、お祝いの席での華やかさを演出したい方におすすめの色です。
(画像左)
また落ち着いたオレンジ色は、肌の色に自然に馴染み、大人の雰囲気を演出してくれます。
(画像右)

ブラウン(茶)

黒×茶色 ボウタイ

最後にブラウン、茶色のご紹介になります。
茶色と聞くと、ビジネスをイメージされる方が多いと思いますが、
ブラウンのボウタイ(蝶ネクタイ)ではどうでしょうか?
ブラウン×ブラックの配色のボウタイは、大人の落ち着いた雰囲気とこなれ感を演出できます。
ボウタイに抵抗があるかたも、始めやすい配色といえます。

最新のボウタイ一覧はこちら

最新のブラウン(茶色)のネクタイ一覧はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?
冬であっても、基本的な服装(フォーマルマナー)は変わりません。
冬の季節感をだす場合は、冬らしい素材や、冬らしい色使いを取り入れてみましょう。
また、冬の結婚式はコートまで気を配ることが大切です。
会場につけば脱ぐから何でも・・・
と思わず、コートを含めたトータルコーディネートをおこなっていきましょう。
それが大人の嗜みです。
※事前のドレスコードの確認はしっかりおこないましょう。

こちらでは、冬場の結婚式における服装(着こなし)についてご案内させていただきましたが、別記事「夏の結婚式の着こなしとマナー」では、夏場の結婚式における服装(着こなし)について、ご案内しております。
是非合わせてご覧になってみてください。

スーツセレクトは、北は北海道、南は沖縄、海外はThailandに約200店舗展開している、スーツショップです。
冬のウエディングシーンに役立つアイテムを、多数取り揃えております。
また知識豊富なプロの販売員が、皆様のお買い物をサポートさせて頂きます。
公式通販サイトとともに、お近くのスーツセレクト迄足を運んでみてください。

スーツセレクト店内画像

スーツセレクト公式通販サイトはこちら

全国のスーツセレクト ショップリストはこちら

スーツセレクト公式ブランドサイトはこちら

※画像はイメージです。最新の商品はスーツセレクト公式通販サイトをご覧ください